GoogleのAR対応動物は全部で何種類?画像と名前のまとめ!

こんにちは!

Googleで「ネコ」と検索すると、ARで3Dの猫を映し出す機能が話題ですね。

出来る機種、出来ない機種があるのですが、出来るならば試してみたくなるのが人情と言う物。

出来るならば召喚できるサーバント(動物)を把握しておきたいですよね。

と言う事で、どんな種類があるのか画像やみんなの遊び方をまとめてみました!

GoogleのAR対応動物の種類一覧!

 

Googleの検索機能でAR投射が出来る動物の種類は現時点で29種類です。

それではドンドン見ていきましょう!

GoogleのAR猫

GoogleのARトラ

GoogleのARパンダ

GoogleのARヒョウ

GoogleのARライオン

GoogleのARチーター

GoogleのARヤギ

GoogleのARウマ

GoogleのARクマ

GoogleのARオオカミ

GoogleのARシェトランドポニー

twitterより

GoogleのARアライグマ

GoogleのARシカ

GoogleのARハリネズミ

GoogleのARボールニシキヘビ

GoogleのARロットワイラー

twitterより

GoogleのARフレンチブルドッグ

GoogleのARパグ

GoogleのARゴールデンレトリバー

GoogleのARポメラニアン

GoogleのARアメリカアリゲーター

GoogleのARホオジロザメ

GoogleのARウミガメ

GoogleのARタコ

GoogleのARアングラーフィッシュ(アンコウ目)

GoogleのARコンゴウインコ

GoogleのARコウテイペンギン

GoogleのARイヌワシ

GoogleのARマガモ

GoogleのAR動物みんなの楽しみ方

現在29種類の動物が召喚できるわけですが、やはりただ眺めるだけではなく、楽しく眺めたいですよね。

ここからはネットのみんなが、どう楽しんでるか紹介します!

GoogleのAR動物の楽しみ方①ペットとの共演

やはりやりたいのはペットとの共演でしょう。

GoogleのAR動物の楽しみ方②非日常の演出

ありえない所にありえない動物や、やたらサイズの小さい動物など、想像力をフルに働かせて楽しみましょう。

GoogleのAR動物の楽しみ方③ペットの気分だけでも

ペットがNGの物件。アレルギーなどの症状。世の中にはペットが飼いたくても中々飼えない人が多く存在してますよね。

せめて気分だけでも楽しめるのがAR動物ですね。

しかも気分を味わうのに普通は飼えないトラやらライオンやらも楽しめるので、ぜひこの機会にご自宅に色々な動物を召喚してみてください。