東徹の経歴やプロフィールと政策は?森友問題との関係や不祥事も調査!

こんにちは、椎木です。

参議院選挙が公示され、様々な立候補者が思い思いの政策を掲げていますが、今日はそんな立候補者の中の1人、大阪選挙区に日本維新の会から立候補を表明している

東徹

について、

  • 経歴やプロフィール
  • 公約・政策
  • 現職時代の不祥事

を調べてまとめてみました。

東徹(あずまとおる)の経歴やプロフィールは?

生年月日 1966年9月16日(52歳)
出生地  大阪府大阪市住之江区
学歴 近畿大学法学部経営法学科
東洋大学大学院修士課程(社会福祉システム専攻)
職歴 大阪保健福祉専門学校社会福祉副学科長
所属政党

自由民主党→大阪維新の会→日本維新の会
→維新の党→おおさか維新の会
→日本維新の会(現在)

東徹氏は大阪市出身の政治家で、父親は元大阪府議会議員の東武氏です。

父親は自民党所属で、東徹氏も2003年に府議会議員として初当選した際は、自民党公認でした。

その後2010年に自民党を離党し、大阪維新の会設立に参加。

設立当時から総務会長に就任するなど、維新内で存在感を示してきました。

その後も大阪府議に維新の会公認候補として3選し、3期目の途中で辞任し、参議院へと立候補し、2013年の第23回参議院選挙において、大阪選挙区でトップ当選を果たしています。

経歴の一覧はこちら

  • 1990年4月大和団地(現大和ハウス工業) 
  • 1994年1月米国連邦下院議員インターン 
  • 1995年4月東武大阪府議会議員秘書 
  • 1995年6月中山太郎衆議院議員秘書 
  • 1996年4月社会福祉法人信愛報恩会特別養護老人ホーム 
  • 1996年12月社会福祉法人信愛報恩会高齢者在宅サービスセンター 
  • 1999年4月学校法人大阪慈慶学園大阪保健福祉専門学校社会福祉科専任講師 
  • 2003年4月大阪府議会議員(3期) 
  • 2011年6月大阪維新の会総務会長 
  • 2012年8月日本維新の会総務会長 
  • 2013年7月参議院議員(初当選)

東徹 (あずまとおる)の政策や公約は?

大阪選挙区からトップ当選果たし、また今回の選挙でも維新旋風に後押しされるように勢いがある東徹氏ですが、投票するにはやはり政策が気になる事でしょう。

東徹氏は以下のような政策掲げて、一期目の参議院議員を務めています。

  • 選択的夫婦別姓導入に「どちらかと言えば賛成」
  • 憲法9条を改正して自衛隊の役割や限界を明記すべき
  • 集団的自衛権の行使を認めるべきだ
  • 原発は当面必要だが、将来的に廃止すべき
  • TPP交渉参加に賛成
  • 日本の核武装について、国際情勢によっては検討すべき
  • 首相や閣僚の靖国神社参拝は問題ない
  • 河野談話を見直すべきとしている
  • 受動喫煙防止を目的とした健康増進法改正について、原則屋内禁煙とすべき

このほかで言うと、維新の会が掲げている

教育の無償化、消費増税への反対

の2点は重要な政策として掲げています。

先に開催された通常国会でも

消費増税分の使い道への言及や、厚労省の不正統計問題、議員の経費削減、待機児童の解消など、様々な問題に対し議論を交わしています。

東徹(あずまとおる)の現職時代の不祥事は?政策秘書や森友問題と足立康史との関係は?

トップ当選、積極的な質問など国会議員として順風満帆に思える東徹氏ですが、現職時代は何度か不祥事問題で話題になっています。

東徹の政策秘書が議員会館で不倫密会

2018年が始まったすぐに流れた中々パンチの効いた不祥事。

東徹氏の政策秘書を務めるA氏が、事もあろうか議員会館へ「出会い系サイト」で出会った既婚女性を招き入れ、男女の関係を持ったというニュース。

当時は本人たちのLINE画像も流れ、話題になりました。

逢瀬を重ねるのに使用されたものは、「特別通行記章」という各議員に1つ支給されているバッジ。

議員会館だけでなく国会内を自由に行き来できるものを使っていたため、セキュリティの面でも問題があると当時話題になりましたが、結局本人は認めず。

いつの間にかうやむやになりましたね。

2ショット写真も流されたのですが、「合成だ」と言い切ってその後はだんまり。

ハニトラの可能性も指摘されていましたが、ハニトラだろうが、本当だろうが、控えめに言って「たわけ」ですね。

東徹と森友学園問題

全国民の記憶に新しい森友学園問題。

その問題が一番注目された籠池氏の証人喚問において、

土地取引の値下げなどに協力を求めた議員の1人として、東徹氏の名前を挙げています。

同日即座に東徹氏は

「決して大阪府に対して不当な働きかけをおこなっていない」

と記者会見の場で反論しています。

東氏はおよそ5年前、大阪府庁で籠池氏と面会し、同氏から「全国と比較して大阪府の(小学校設置の)基準が厳しく、なかなか新しく小学校をつくれない」との実情を聞いたと説明。金銭授受に関しては「全くおこなっていない」と強調した。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS23H5U_T20C17A3000000/

面会はしたものの、金銭の授受や便宜を図ったわけではないとの説明ですが、未だに国民の多くは説明不足だという認識の多い森友学園問題。

現在では風化しかけていますが、今後また問題が噴出する時は再び渦中にいる可能性はありますね。

東徹(あずまとおる)と足立康史(あだちやすし)の関係は?

同じ維新の会で日本維新の会国会議員団幹事長代理を務める足立康史氏ですが、以前2人はtwitter上で熱い議論を交わしています。

発端は足立氏が2018年の10月27日にtwitterで発進したこの発言

国会議員団で議論すると、すぐに松井代表が後ろ向きだから云々と、もごもごする

twitter

これを受けて東氏が翌日反論。

松井代表が後ろ向きというのは初耳ですね。一体、いつそんな話し(原文ママ)が出たのかな?

twitter

その後はtwitter上で公開口論が展開されました。

足立氏(10月28日23時9分)
憲法9条について話がないのが問題だと言っているんですよ。分かりませんか
ご自分の選挙しか関心ないからかスルーする。そんなことで国政維新は支持者の負託に応えられるんですか。自民党の憲法9条加憲案に関する東さんの考えを開陳下さい。

東氏(10月28日23時14分)
そのことは憲法調査会で議論すべきことです

足立氏(10月28日23時28分)
ダメだな、これは…最低のつまらない返信。

足立氏(10月28日23時36分)
大阪選出の国会議員に闘う姿勢が見受けられない。東さんに至っては大阪だけを死守することを勝敗ラインに引いている。保身との誹りも免れまい。

東氏(10月28日23時45分)
僕は大阪を死守するとは言ってませんよ。この件については、足立さんと2回電話で話しましたよね

足立氏(10月29日0時15分)
電話で片山虎之助代表は任に耐えないと申し上げたら、松井代表の指名だからと思考停止になられました。いまの執行部体制では大阪以外は厳しいと申し上げたら、大阪で勝てば勝ったことになる、と仰いました。ああ、この方はご自分のことしか関心ないんだな、当に大阪籠城作戦、と残念に思った次第です。
東氏(10月29日7時33分)
決して大阪籠城作戦ではないと否定しましたよね。それで全国は難しい、都市部の政党を目指すべきだと。
足立氏(10月29日8時47分)
今のままで大阪以外の全国の都市部で勝てるんでしょうか。
結局、大阪のこと、自分のことしか考えていない。

https://gen-ron.com/archives/1371

結局最後は松井代表がご自身の改憲への姿勢をつぶやくことで一応の収束を見せたものの、足立氏は最後まで東氏に対して怒りのおさまらない様子でした。

同じ政党内でのゴタゴタを全世界に向けて発信するあたり、ちょっと常識では考えられないですね。

当時も

「政党内の意見も統率もまとめられないとか大丈夫か?」

という意見が散見されました。

まとめ

今回は、参議院選挙に立候補している東徹氏について

  • 経歴とプロフィール
  • 政策
  • 過去の不祥事

をまとめました。

他の政治家の方もそうなのですが、経歴・政策までは優秀そうな雰囲気を出してくれているのですが、最後にグダグダになってしまうのは何なんでしょうか。

そういう人しか政治家になれないのでしょうか。

それとも政治家になるからそうなるのでしょうか。

清濁併せ吞むくらいの気概は欲しいですが、濁りの方がより目立つという事を自覚していただきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓関連記事はこちら↓
梅村みずほのプロフィールと経歴はアナウンサー?公約・政策と夫や家族も調査!