NO IMAGE

ビットポイントハッキングで補償や補填はある?問い合わせ先や補償にかかる税金も

こんにちは、椎木です。

またもや仮想通貨の不正流出事件が起こってしまいましたね。

今回被害にあったのはビットポイントジャパン。

総額35億円にものぼる被害で現在取引所は全てのサービスを停止しています。

サービス再開も気になるところではありますが、被害にあわれた方が一番気になるのは、

補償はあるのか

という一点でしょう。

そこで今回はこの事件に対する

  • 補償の有無
  • 問い合わせ先
  • 補償金への課税

を調べてみました。

ビットポイントハッキングによる仮想通貨不正流出の経緯

今回ビットポイントがハッキングにより、35億円もの仮想通貨を流出した事件とその後の対応の経緯はコチラ

2019 年7月 11 日
22 時 12 分頃
リップルの送金に関するエラーを検知。
BPJ の情報システム部門等で対応開始。
22 時 39 分頃
リップルの不正な流出を確認。
他の仮想通貨の流出の有無の調査を開始。

ビットポイントジャパンより

2019 年7月 12 日

2時 00 分頃
リップル以外の仮想通貨についても不正流出を確認。
3時 00 分
BPJ にて緊急会議を実施。
6時 30 分
BPJ における仮想通貨の送受金を停止。
10 時 30 分
仮想通貨の売買・交換を含む、BPJ の全サービスを停止。

ビットポイントジャパンより

最初に不正流出が発覚したのは11日の午後10時半頃、その後全サービスを停止したのがおよそ12時間後と、対応としては少し遅いような気もしますね。

確かに24時間ひっきりなしにアクセスが着続ける仮想通貨取引のサービスを止めには、必要な措置が色々あるのでしょうが、最初の不正流出の段階で止めていたら、もう少し顧客の被害は小さかったでしょう。

ビットポイントハッキングによる仮想通貨不正流出に補償はあるの?

今回事件を受けて、ビットポイントジャパンの親会社であるリミックスポイントは

お客様からの預かり資産に被害が生じないように、BPJ において補償するなど、責任をもって対応する方針であります。

との声明を出しています。

現状は事件の詳細把握に努めている状態で、個々人の被害額が確定後にな、補償の方法など発表になる可能性が高いですね。

補償があるかないかという話でいえば

ある

ただ全額補償されるかどうかは今のところ不明です。

リミックスポイントの声明を額面通りに受け取るなら、全額補償と言う事になりますが、なんせ顧客の被害総額は25億円です。

補償内容等分かり次第追記します。

ビットポイントハッキングによる仮想通貨不正流出補償の問い合わせ先は?

補償があるのは分かりましたが、問い合わせ先も気になりますね。

今の時点では、被害顧客専用の問い合わせ先はありませんでした。

一応ビットポイントの問い合わせフォームはコチラです。

ビットポイント問い合わせフォーム

これも問い合わせ先等発表があり次第追記します。

ビットポイントハッキングによる仮想通貨不正流出で補償金にかかる税金は?

補償金を受け取ったとして、気になるのが課税があるかどうかという事でしょう。

今回の事件以外で支払われた補償金を例に見てみると、

雑所得

としてしっかりと税金はかかってきます

被害にあうわ、税金は取られるわで、本来口座に保証金として入れていたら満額だったものが減ってしまうのは何とも納得のいかない所かもしれませんが、

口座から引き出した

と思い諦めた方がよさそうですね。

仮に、被害額が補償より大きかった場合ですが、(今回は損失がないよう補償をうたっているのでないとは思いますが)過去の事例では

差額は雑所得での損失として、他の雑所得と通算する事が出来ます。
所得税等との通算は出来ません。あくまで雑所得のみでの通算です。

仮に今年は利益が出ていて、税金がかかっているのであれば、それらと相殺することが可能と言う事ですね。

この辺は、補償の内容によって変わってきますし、情報が入り次第追記します。

まとめ

今回はビットポイントジャパンハッキングによる仮想通貨不正流出事件で

  • 補償はあるのか
  • 問い合わせ先
  • 補償にかかる税金

を調べてまとめました。

補償は今のところあるという事、個別の問い合わせ先は今のところなし、そして税金は補償の内容によって変わりますが、雑所得として課税対象になる。

という事が分かりました。

資産を安心して預けられるシステムの構築を一日でも早くお願いします。