CATEGORY

政治・経済

【最新】香港デモの経緯を分かりやすく解説!今後の見通しも予想!

※11月20日追記 こんにちは、椎木です。 6月に始まってから今でも収まる気配を見せない香港のデモ。 今日はこれだけ長引く香港のデモについて 原因 背景や経緯 今後の見通し を調べてみました。 香港デモの原因「逃亡犯条例の改正案」を分かりやすく解説 現在も行われているデモの原因となっているのが、「逃亡犯条例の改正案」が今年4月に香港の立法府に提出されたことでした。 ※9月4日に改正案の撤廃が宣言さ […]

GSOMIAを分かりやすく解説!破棄したらどんな影響があるのか調査

11月18日追記 こんにちは、椎木です。 連日報道される日韓関係悪化のニュースですが、日本の輸出管理政策に対して、韓国側がタブーとも言えるカードをチラつかせてきましたね。 GSOMIA(ジーソミア) 日韓の間で交わされている軍事協定だと言うことは分かったのですが、このカードを切ることでどんな影響があるのか調べてみました。 ※韓国側が破棄の意思を表明しました。これにより2019年11月24日の午前0 […]

【桜を見る会問題】答弁でリアクションをしている女性議員は誰?

こんにちは。 例年4月に開催されている桜のを見る会ですが、今税金の無駄遣いではないかと取り沙汰されています。 正直税金の無駄遣いは困りますが、それでもわざわざこんな時期に国会で審議する事か?と思う気持ちもなくはないです。 被災地支援だとかもっと話し合わないといけない事が多々あると思うのですが、日本の政治家って、どうしてこう足の引っ張り合いしかしないのかなー。 と思いつつ、テレビで流れる件の答弁を眺 […]

萩生田光一の経歴や評判は?統一教会との関係や問題発言を調査!

こんにちは! 第4次安倍改造内閣で文部科学大臣として任命された萩生田光一氏。 過去には加計学園問題などでも取り沙汰されたイメージが強いですが、大臣に任命されるという事はそれだけ優秀なのでしょう。 就任1か月余りで問題発言が出てきているので、若干不安要素はありますが、新人大臣の経歴など、どんな人物か気になったので調べてみました。 萩生田光一のwikiプロフィールと経歴 萩生田光一のプロフィール 生年 […]

【河井克行の嫁】河井あんりの経歴や学歴と若い頃を調査!

こんにちは! 広島から参議院として初当選し、選挙当時は同じ自民党の大ベテランと保守分裂の選挙戦を繰り広げた河井案里氏。 夫は法務大臣の河井克行氏と夫婦そろって政治家というエリートですね。 エリートではありますが、当選にあたって公職選挙法違反の疑いがあるのだとか…… そんな河井案里氏が気になったので調べてみました。 (※2019年10月31日、河井法相が辞任の意をしめしました) 河井案里(あんり)の […]

ノバエストラットってどんな会社?エクアドル全国民の個人情報はなぜ流出した?

こんにちは、椎木です。 南米のエクアドルで、未成年者700万人を含む約2000万人超の個人情報が流出するという耳を疑うようなニュースが入ってきました。 エクアドルの国民が約1700万人なので、国民のほぼすべてと見られる個人情報が流れたと見られています。 国民だけでなく、すでに亡くなった人も含まれているため人口よりも多い件数になってるみたいです。 そんなことが何故起こったのか気になったので、調べてみ […]

光復節(2019韓国)の演説全文日本語訳は?対話と協力への日本政府の反応は?

こんにちは、椎木です。 8月15日は日本にとっては終戦記念日として、各地で戦没者への追悼式典などが執り行われますが、お隣の韓国では日本の統治から解放されたという事で 光復節 という一種お祭りのような行事が催されます。 そんな光復節で文在寅大統領がしたスピーチの内容が中々パンチが効いていたので、折角ならば全文がないかと探してみました。

韓国コルマーとはどんな会社?日本でも商品は買える?

こんにちは、椎木です。 韓国の化粧品メーカーである「韓国コルマー(コルマとも)」の会長が引責辞任に追い込まれたというニュースが入ってきましたね。 どうも朝礼で自国の大統領である、文在寅大統領を批判する内容の動画を流し、その事で韓国国民はおろか、政府からもバッシングを受けて責任をとった形でした。 ※会長に加えて日本人3人の理事が相次いで辞任する事態にまでなりましたね。 どうやら会長が息子に席を譲った […]

韓国の外貨準備高は矛盾だらけ?その理由を分かりやすく解説!

こんにちは、椎木です。 ウォン安に喘ぐ韓国ですが、そんな苦しい隣国にも明るいニュースがありましたね。 ここ最近増加を見せてきた韓国の外貨準備高が、事あるごとに過去最高を突破し4000億ドルを超える額までになりました。 これは世界でも9番目の保有量ですね。 ウォン安で迫る通貨危機を乗り越えるための準備は万全。 と言いたい所ですが、調べてみると……うーん?本当に4000億ドルある? という疑問が出てき […]