コロナ禍とは?いまさら聞けない読み方や意味を解説

テレビをつけると毎日流れる

新型コロナのニュース。

そんなニュースのテロップや新聞の中で気になる表現が

コロナ禍

と言う表記。

あまり見慣れない表記に

「なんて読むの?」

「結局どんな意味があるの?」

という方が結構多いみたいです。

なので今日はその最近よく見るけどイマイチ理解できていない

コロナ禍について

意味などを調べてみました。

コロナ禍の読み方や意味は?

まず読み方ですが

コロナ禍(か)

「ころなか」

と読みます。

禍は訓読みで

「わざわい」と読み、その読みが示す通り

よろこばしくない事柄。不幸をひきおこす原因。災難。

を意味しています。

つまりコロナ禍と言う言葉の意味するところは

新型コロナウイルスによってもたらされた良くない事態。

  • 感染による命の危機
  • 経済的の危機的状況
  • 自粛によるストレスなどの弊害
  • 感染者や医療従事者への謂れのない差別

などなど、現在我々が直面しているこの喜ばしくない状況をさして

コロナ禍

と呼んでいる訳です。

なぜコロナ禍と呼ぶのか?

意味や読み方は分かりましたが、なぜコロナ禍という表現がされるようになったかも気になりますよね。

正直コロナがもたらした危機なので

コロナ危機

コロナショック

等の分かりやすい表現の方がいい気がするのですが、この○○禍と言う表現

何も今回の新型コロナに限った事ではなく

  • ペスト禍
  • コレラ禍

等のように、伝染病やウイルスによって悪くなった状況を表す時に、昔から使われている表現なんです。

もっと言えば、

プロレスやボクシングなどで不幸にも選手が亡くなってしまう事を指す言葉に

リング禍

という表現まであります。

どちらにしても

伝染病によって引き起こされた禍(わざわい)

選手に降りかかった禍(わざわい)

という認識になりますね。

「わざわい」と聞くと

災い

と言う漢字を思い浮かべる方が一般的かと思いますが、

「災い」と言う漢字だと

自然災害などの意味。

「禍」と言う漢字だと

ふいに訪れる不幸。

という風に書き分けられます。

つまり我々人類にとって、

新型コロナウイルスという意図しないものにによって引き起こされた今の現状を、正しく漢字で表記すると

コロナ禍

という表現が一番ピッタリくるという訳ですね。

…それでも個人的にはやはり

コロナ危機とかの方がピンときてしまいますが…。

まとめ

今回はコロナ禍と言う表現について意味や読み方を調べてみました。

読み方は「ころなか」

意味は

新型コロナウイルスによって齎された現在の危機的状況

と言う事でした。

表現自体はかなり昔からあるのですが、願わくば二度とこんな表現を聞くことがない日がくる事を願っています。