ハカで舌を出すのはなぜ?どんな意味があるのか調査してみた

こんにちは!

ラグビーワールドカップ盛り上がってますね。

そんなラグビーでひと際異彩を放つ集団「オールブラックス」ことニュージーランド代表。

圧倒的な強さに加え、試合前の儀式「ハカ」はラグビーをあまり見たことがない方でもご存知でしょう。

そんなハカの中で「舌を出すしぐさ」があるのですが、ちょっと気になったので調べてみました。

ハカで舌を出す理由はなぜ?

twitterより

鼓舞するための儀式「ハカ」の迫力は凄いですよね。

オールブラックスが試合前にハカを舞う意味は

この対戦を受け入れ、対戦を望んでくれたチームに対し敬意を表する

と言う意味が込められています。

メチャメチャカッコいいですね。

「ハカ」というのは元々マオリ族が戦に向かう前に、相手を威嚇する行為や、自分達を鼓舞するために行っていたものです。

その伝統的な舞が今はニュージーランド代表の代名詞のようになっていますね。

儀式なのでそれぞれに意味があるようで

腕を開いて上に振り上げたり、音を鳴らすしぐさなどは

「エネルギーを送っている」と言われています。

そんなハカの中で気になるのが「舌を出すしぐさ

知らない人から見たら、「挑発?」とも見えなくないですが、実際は違います。

ハカで舌を出すことは、身体機能の延長と言う意味合いがあります

身体機能の延長と言われてもあまりピンときませんよね。

舌を出して身体機能の延長を図るという事について、一つ思い当たる事があるとすれば

体を限界まで捻って、そこからさらに舌を同じ向きに出すと、少しだけ限界を超えて体を捻じれるという物があります。

これを「ハカ」における身体機能の延長と捉えると

舌を出すことで、自信の限界を超えて力を出すことを示しているのかもしれませんね。

そういう意図だと念頭において舞っているかどうかは定かではありませんが、元々戦の前の儀式なので、限界以上に力を出そうとした人々が自然に「舌を出す」ようになったのかもしれません

それが今でも名残として残っているのかもしれませんね。

今は戦ではないので、相手に最大限の敬意を示すからこそ、自身も限界を超えると言う意思表示でしょう。

また、儀式的な意味合いとしては

 

マオリ族はもともと文字がなくて口承文化なので、踊りなどで経験などを伝承する際に、コミュニケーションを取るために、舌が大きな役割を果たしていました。コミュニケーションのシンボルのようなものです。

こういった意味合いもあるようです。

戦いの前に相手とのコミュニケーションをとるための形なのでしょうか。

間違えても挑発や、馬鹿にしているわけではないので気を付けて下さい。

ハカで舌を出すのはなぜ?どんな意味があるか調べてみた!のまとめ

今回はハカで舌を出すしぐさについて調べてみました。

見たことがない人からしたら馬鹿にしていたり、挑発しているように見えなくもないですが、その実は自分の限界以上の力と敬意をもって相手と戦うという意思表明と言えるでしょう。

世界最強とも名高い集団の限界を超えた戦いを是非楽しんでみてください!