NO IMAGE

畠中槙之輔のwikiプロフィールや経歴は?プレースタイルや評価も調査!

キリンカップで初招集された選手の中でも、ひと際注目を集めているのがこの選手ではないでしょうか。

J1のマリノスでCBとして活躍中の畠中槙之輔選手。

J1での出場回数が10回にも満たない時点で、今回の招集がかかっていたと言う、そんな畠中槙之輔選手が気になったので、調べてみました。

畠中槙之輔のプロフィール

畠中槙之輔選手は1995年8月25日生まれの23歳です。

身長180㎝体重80㎏と、空中戦でも安心な体格をしています。

現在横浜FマリノスにDFとして所属しており、ポジションはCBを務めています。

マリノスのCBと言えば、先日引退を発表した中澤選手が有名ですね。

そんな中澤選手やチームメイトで同ポジションの栗原選手の背中を追いかけるように、成長著しい選手です。

畠中槙之輔の経歴

ジュニアからユースまでの長い期間を東京ヴェルディの下部組織で過ごし、2014年にトップチーム入り。途中町田ゼルビアに期限付きで移籍するものの、昨年の8月まではヴェルディでその技術を磨いていました。

昨年8月14日付で横浜Fマリノスへ移籍。

昨シーズンは5試合に出場。今期も開幕から4試合に出場している今最も注目が集まる若手CBです。

過去にはU-17、18、19と日本代表にも選ばれています。

畠中槙之輔のプレースタイルは?

J1での出場がわずか9試合にも関わらず、森保代表監督の目に留まった畠中槙之輔槙之輔選手。

そんな彼のプレースタイルは、まさに通好みと言ったところでしょうか。

DFなので、果敢にゴールを狙ったり、ドリブル突破を試みたりと、素人でも分かるような感じではないです。

ですが、確実に攻撃の起点となる一蹴り目を出す。そういったプレースタイルです。

自陣奥深くから、ピンポイントで中盤やFWの選手にパスを通す。

足元の技術とパスの精度に裏打ちされた、攻撃の要にもなれるプレーを得意としています。

畠中槙之輔の評価は?

左右遜色のなく蹴れる両足からは攻撃の始点となれる正確無比な縦パス。

体格を生かした自陣での空中戦の強さに加え、安定した守備力も持っています。

森保監督が、たった数試合で声をかけるくらい卓越した技術を持っているのは間違いないでしょう。

また23歳とまだ若い事から、これから先どんどん評価は高くなっていくと思います。

サッカー代表の新時代となるか、畠中槙之輔選手をはじめ、今回招集された新しい選手たちの頑張りに期待したいです。

ではまた次のニュースで。