金原昇のwikiプロフィールと経歴!テコンドーの実力についても調査!

こんにちは!

紛糾するテコンドー協会の問題で、問題そのものよりも強いインパクトを残しているのが、協会の会長である金原昇氏。

正直インパクトが強すぎて、「そちら」にばかり目が行くのですが、冷静に考えてどんな人なのか気になったので、プロフィールや経歴を調べてみました!

金原昇(テコンドー協会会長)の国籍やプロフィールと経歴は?

名前 金原昇
生年月日 不明(分かり次第追記します)
年齢 65歳
出身地 長野県?
職業 日本テコンドー協会会長・賃貸業

チャーミングな髪型で話題をかっさらった金原会長。

金原会長を調べようとすると、検索候補に「国籍」などが出ますが、どうやら出身は日本の長野県の可能性が高そうです。

 

名前に「金」がつく人の宿命か、はたまた競技のせいなのか、「あの国」との関係が取り沙汰されているようですが、長野には金原川と言う名前の川があるくらいですし、もしかしたら先祖代々地の人の可能性もありますね。

今分かっている情報だけでは何とも言えないので、出身地は長野県と言う事だけにしておきます。

 

テコンドー協会での経歴は

1990年代に「長野県テコンドー協会」に所属したところから始まります。

その後2005年になって「日本テコンドー協会常務理事」。

2008年には「テコンドー協会会長」の座にまで登り詰めています。

今から11年前なので当時は54歳でしょうか。

 

こういった協会のトップに、何歳くらいで座るのが妥当なのか分かりませんが、「長野県」から「全国」へと出てきたと思ったら、3年でトップに立ったというのは凄い事ですね。

 

それからずっと「会長」だったのかというと、そうではなく

2016年にテコンドー全体の競技成績の不振の責任を取り辞任しています。

ところがどんなカラクリか、翌2017年には「会長」として再任されているという事実。

それだけ優秀な人材だった。

……と言われたら凄いですが、現在の状況を鑑みると「?」と思ってしまいますね。

こういう不可解な部分からも「独裁」と言うワードが生まれてしまうのかもしれません。

金原昇は反社会的組織との繋がりがある?

見た目のインパクトに加え、過去には銃撃された事があると言う噂。

さらに10月1日に行われた協議会の後で、江畑秀範選手が「夜道が怖い」などと発言したことも相まって、金原昇会長と反社会的組織との繋がりが囁かれています。

これに関して金原昇会長はきっぱりと否定されています。

ただ銃撃された噂については事実のようで

30年前に飲食店で腕とお腹を撃たれています。

ただ腕は骨、神経、などを痛めることなく、脂肪を貫通しただけで、またお腹に関しては

「当時は今ほどお腹も出ていなかったため掠めて火傷程度」

と振り返っておいででした。

撃たれた原因ですが、当時暴力団追放運動に参加していたとの事なので、報復と言った側面が強そうです。

反社会的組織との関係については、金原昇会長の言葉を借りるなら

繋がりはないが、過去には追放運動に参加したりなど浅からぬ因縁はあった。

と言うところでしょうか。

 

NEXT PAGE:金原昇のテコンドーの実力や性格は?