北村大臣はいつからカツラ?なぜヅラを被っているのか調査!

入閣していきなり記者からの質問に答えられず

「これから勉強していきます」

と答えた事で話題になった北村誠吾地方創生担当大臣ですが、それ以上に大臣の見た目にも注目が集まっています。

これは確実にカツラ…っぽいので、カツラなのか色々調べてみました。

北村誠吾大臣はカツラなの?

現在は桜を見る会での答弁で日々メディアに取り上げられている北村大臣ですが、その見た目のせいで

内容が入ってこない

という声が多々聞こえています。

ちなみにむかしのお写真は

そして今のお写真がこちら

めっちゃ増えてますね。

確実に被っていらっしゃいます。

というか、よくよく調べてみると、ご自身がカツラだと認めていらっしゃるんですね。

北村氏がカツラなのは自他ともに認める事実。

出典:文春より

認めていながらカツラを被るというのが気になりますね…

北村誠吾大臣はいつからカツラ?なぜヅラを被るのか?

カツラだという事はご自身も認められているのですが、

  • いつから
  • なぜ

カツラを被っているのか気になりますね。

先程お見せした頭頂部が薄い頃のお写真は

2012年の地方選挙の時のものです。

2012年当時

それから2年後の2014年には

2014年当時

黒々とした立派な頭髪が出現しています。

どうやら2014年頃からカツラをご愛用のようです。

気になる理由ですが

「頭が日焼けしないための帽子だ。偉い人の前では外す」と周囲に語る

出典:文春

まさかの帽子代わり…。

いやいやいや。百歩譲って「外」では帽子代わり、日焼け防止と言うのは分かりますが、室内では必要なさそうな気がします。

もう少し調べてみると

「北村さんの選挙区の衆院長崎4区は離島の多い地域。14年ごろに五島列島北部の小値賀町のある島に行った際、長時間、直射日光を浴びたせいで、頭にやけどを負ったのです。水ぶくれがかさぶたとなり、ケロイド状に残ってしまった。北村さんはそれを隠しているのでしょう」

出典:日刊ゲンダイ

日焼け防止と共に、日焼けでダメージを負った頭皮を隠すためと言う理由のようです。

元々は薄くなった頭皮を隠しておいでではなかったので、余程のダメージを負ったのかもしれません。

世の中にはそういった理由で「被らざるを得ない」場合も多いでしょうし、これ以上の詮索は止めようと思います。

まとめ

今回は北村誠吾大臣の頭部がカツラなのかどうかを調べました。

ご自身も周囲にカツラだと公言しているので

カツラなのは間違いありません

理由は頭皮への日焼け防止と、火傷の跡を隠すためと言うのが濃厚です。

カツラを被る理由は人それぞれですし、公言もされているのでそっとしておきたいと思います。