「のれん」とは?なぜ野村が赤字になったのか分かりやすく原因や理由を解説!

こんにちは、椎木です。

野村ホールディングスの前期の決算が1000億を超える赤字だったことで、ざわついてますね。前期の決算が過去最高だっただけに、その落差が余計に目立った形になってます。

そんな野村の赤字の大きな要因となったのが「のれん」という謎のワード。

そこで今日は

  • のれんとは何か
  • なぜ野村はのれんで赤字になったのか

と言った事について調べてみました。

「のれん」とは

そもそも、この「のれん」と言う馴染みがありつつも、証券業界には関係なさそうなワードですが、どういった意味で使われているのかと言うと、


各企業が持つ「ブランド」「ノウハウ」「顧客との関係」「従業員の能力」等を総称する無形固定資産のこと。一般に、企業が他社を買収する際にかかる金額には、買収する企業の純資産に加えてのれんがかかるとされている。つまり、買収金額-買収される企業の純資産=のれんと考えることができる。 

無形固定資産を多く保有する企業は、さほど保有していない企業と同じ条件で競争をした場合に、無形固定資産を保有する分だけ収益を上げることができるとされている。 

また無形固定資産は、企業の地道な活動の積み上げによって作られるものであり、長い時間がかかるものである。のれんを支払う意義は、無形固定資産を作るための時間を買うことであるとされている。

野村証券より

との事。

つまりは、目に見えない何かしらの価値と言う事になりますね。

それらは書いてあるように「ノウハウ」であったり、またその企業の「立地場所」と言った物も含まれたりすることがあります。証券会社であれば買収先の「顧客」なんかも含まれるかもしれません。

礼をあげてみると、とある大企業が、別の小企業を買収する例を見てみましょう。(数字は適当です)

大企業
  売上: 1000件億円
  営業利益: 120億円
  時価総額: 5000億円
小企業
  売上: 100億円
  営業利益: 20億円
  簿価:60億

この大企業が、小企業を買収しようと思えば、単に簿価である「60億円」を支払えば買収出来そうなものですが、流石に企業の買収でそんな簡単に出来てしまえば問題です。

通常企業が企業を買収する場合は、「将来の収益力を見越して」その価格が決定されます。

この例の場合で言えば、営業利益は20億も出ていますし、かなり優良な感じでしょうから、買収金額として300億(数字はマジで適当です)払う事になりました。

ここで問題になってくるのが、バランスシートです。

買収先の簿価が60億に対し、買収元の資産が300億減ってしまうのですから、その差額240億を、買収先は何かをもって賄わなければなりません。

その何かが、「ノウハウ」であったり、その会社の持っている「人材」だったりと無形資産である「のれん」として計上されることになります。

なぜ今のれんで赤字に陥ったのか

今回問題になっている「のれん代」に関して、2008年に買収したはずの「リーマン・ブラザーズ」の文字がありました。

なぜ10年も前の「のれん」が今のタイミングで減損されるのでしょうか。

それを説明するには「のれん」減損の仕組みを理解する必要があります。

のれん減損の仕組みとは

上の例では、240億円の「のれん」がバランスシートに追加されるという話でしたが、この240億円分の資産である「のれん」は、時間が経つにつれてどのように評価されていくのでしょうか。

例えばこの240億円分の資産が、設備などの物理的な資産であった場合は「減価償却」という考え方になります。

分かりやすい例で、企業が1000万円で新しい設備を買ったとします。

購入のタイミングでは、企業の現金が1000万減るものの、有形資産として1000万が企業に残ることになります。

このタイミングでは、プラスマイナス0なので、企業側も全額費用計上をすることは(通常)出来ません。

設備は物品ごとに耐用年数が定められ、この1000万円の支出をその耐用年数に渡って毎年少しずつ費用計上していく必要があります。

これがいわゆる「減価償却」となります。

購入した時ではなく、それから何年かに分けて少しずつ「減損」されていくものが「減価償却」です。

無形資産である「のれん」はどうなのでしょうか。

「のれん」も無形とはいえ資産なので、正しく評価する必要があります。

「のれん」の場合、楽天やDeNAといった、国際会計基準(IFRS)を採用している企業では、毎年決まった額を償却するのではなく、毎年「減損テスト」を行います。

「減損テスト」というのは、毎年「その資産がバランスシートに計上されているだけの価値があるか」を客観的に評価するものです。

仮に買収時に240億円分の価値がある、と評価された「のれん」が、数年後に80億円の価値しかないと再評価された場合は、差額の160億円分をその期に損失として認識しなければなりません。

これが「のれん」における減損になります。

つまりなぜ今になってリーマンなどの「のれん」の減損が起きたのかと言うのは、評価額が下がったからと言う事になります。

大幅な赤字計上ではあるものの、買収時には「のれん」は支払ってあるので、現金が今のタイミングで無くなったわけではない。と言う事がポイントです。

あくまでも会計上の話における赤字と言う事になります。

ただその一方で、この減損処理は今回のように営業利益を大きく減らすのに対し、税務上も非常に不利な扱いを受けます。

会計上は損失として扱わなければならないにも関わらず、すでに支払っている資産の為税務上は損金扱いできない場合が多いからです。

このため恐らく野村の経営陣の賞与カットとなったのではないでしょうか。

まとめ

今回は野村ホールディングスの巨額赤字の原因となった「のれん」について調べてみました。

結構面倒くさい仕組みのようで、分かりにくければ申し訳ないですが、簡単に言うと、

買収する時に見込んだ売り上げに対して、買収先がそこまでの価値を持たなくなった。

とでも考えていただければ幸いです。

このタイミングで一気に減損した野村ですから、来期は再びV字回復を見せてくれるかもしれませんね。

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。ではまた次のニュースで。