NO IMAGE

沼田歩のプロフィールや出身中学は?センバツ甲子園を沸かせた忍者の詳細に迫る!

一つの時代が終わっても、新しい時代がまた始まる。

春のセンバツが始まって初日にいきなり会場を沸かせたのが市立呉の沼田歩選手です。

一点を追う九回に見せた沼田歩選手の同点生還劇が話題を生んでいます。

真野倭選手(2年)がスクイズした打球はまさかの捕手前へ。

マスクを外して右手で捕球された球は、そのまま走ってきた三塁走者の沼田歩にタッチされるかと思いきや、沼田歩選手は打席付近でスルリとそれ交わし、最後は右手から飛び込んで本塁に。

まさに先日引退したイチロー選手がみせた「忍者」のような生還劇に会場がわきました。

そんな「忍者」の再来とも言える沼田歩選手が気になったので、今回は調べてみました。

沼田歩のプロフィール

沼田歩選手は市立呉に所属する外野手です。

ポジションはセンターを守り、俊足を生かした広い守備範囲と強い肩を持ちます。

攻撃ではセンスのあるバッティングで飛距離こそ中距離ですが、鋭いスイングから打ち返される打球はチームの打点となる事も多く、チームを引っ張る四番として活躍しています。

身長は172㎝とスポーツ選手としては小柄な方ですが、体重74㎏としっかりと鍛え抜かれた肉体をしています。

沼田歩の出身中学は?

沼田歩選手の出身中学は呉市立郷原中学校で、軟式野球部に所属していました。

呉市立郷原中学校の野球部に関しては、特に強豪と言う事もなく、中学時代に特にエピソードなどはありませんでした。

中学時代に蓄えた基礎が高校にして開花した選手なのかもしれません。

沼田歩の評価

沼田歩選手は二年時の秋季大会で打率.349、打点は10を上げるなど名実ともにチームの攻撃の要てして活躍しています。

また同大会では11試合中7つの盗塁を決めるなど、抜群のセンスを持った選手と言えるでしょう。

市立呉といえば、同姓の沼田仁投手が有名でありますが、沼田歩選手も攻撃の要として高い評価を得ています。

沼田歩のドラフト指名の可能性は?

今大会でのワンプレーで、一躍有名になった沼田歩選手ですが、今のところドラフト候補とまではいかないようです。

ですが、打撃のセンスや今回見せてくれた走塁技術などに磨きをかけ、夏の大会でも同様の活躍を見せてくれるなら可能性はゼロではないのでしょうか。

まとめ

イチロー選手の引退で一つの時代に幕が下りた気がしていたのですが、時代はこうして続いているのでしょう。(イチロー選手に敬意を表して功績をまとめてみました。詳しくはこちら

今大会ではすでに延長戦での逆転負けを喫した沼田歩選手ですが、これからさらに磨きをかけ夏の甲子園で再び私たちをわかせてくれることを期待しています。

頑張れ新しい世代!

ではまた次のニュースで。