おいでやすこが|のネタ!漫才やコント細かすぎて伝わらないモノマネなどピンも!

2020年のM1グランプリに出場することで話題を集めているお笑いユニット「おいでやすこが」ですが、「お笑いユニット」と言う名前の通り、それぞれがピン芸人として吉本興業に所属しています。

きょうはそんな異色のコンビもといユニットの「おいでやすこが」について

  • 漫才
  • コント
  • それぞれのピンネタ

を紹介していきます。

ピンでもユニットでも面白いのでぜひチェックしてみてください。

おいでやすこが|ユニットのメンバー紹介

お笑いユニット「おいでやすこが」は

  • おいでやす小田
  • こがけん

の2人からなるお笑いユニットです。

どちちらもピン芸人としてR1グランプリの決勝に進むほどの実力者です。

学年でいえば同い年の2人ですが、芸歴で言えば「おいでやす小田」さんの方が1年先輩です。

それぞれの詳細を以下にまとめてます。

おいでやすこが|おいでやす小田

本名 小田 芳裕
出身地 京都府京都市
出身高校 京都府立北稜高等学校
生年月日 1978年7月25日  42歳(2020年12月現在)
身長体重 173㎝ / 56㎏
担当 ツッコミ(立ち位置右)

「おいでやすこが」のツッコミ担当。

出身高校にはチュートリアルのお2人や、ミキのお2人もいますね。

年齢的にはチュートリアルの後輩、ミキの先輩にあたります。

ちなみに今までもM1グランプリには即興ユニットで出場しています。

  • ゆりやんレトリィバァ:「おいでやすレトリバァ」(3回戦進出)
  • 吉本新喜劇の奥重敦史:「スーパー土瓶」(準々決勝進出)

と即興で作ったユニットで結構な爪痕を残してますよね。

1人コントに漫談、キレ芸からフリップ芸まで、流石ピン芸人というか色々な芸風をお持ちですが、実はモンスターエンジン西森さんとコンビを組んでいたこともあります。

元々コンビを組んでいただけに、即興ユニットでもいかんなく力を発揮できるのかもしれませんね。

おいでやすこが|こがけん

本名 古賀 憲太郎
出身地 福岡県久留米市
出身校 慶応義塾大学
生年月日 1979年2月14日  41歳(2020年12月現在)
身長体重 178㎝ / 60㎏
担当 ボケ(立ち位置左)

おいでやすこがのツッコミ担当。

慶応義塾大学卒業とかなりの高学歴ですね。

しかも一度芸人を辞め、板前の修業をしていたというなかなか変わった経歴の持ち主です。

元板前の芸人と言えば、和牛の水田さんが浮かびますね。水田さんあたりと「板前あるある」とかやってもらえないでしょうか。

細かすぎて伝わらないモノマネや歌ネタなどが有名な方ですね。

歌も料理もお上手な上に高学歴と多彩な芸人さんです。

今後色々なところに需要がありそうですね。

おいでやすこがの漫才やコントなどユニットのネタは?

どちらもピン芸人としてかなり活躍されているので、即興と言えど漫才ネタにも期待が持てますね。

こがけんさんの「歌」にガンガンツッコむおいでやす小田さん。

普通に歌が上手い!

歌のうまさを消さないようにいい感じでツッコむ小田さんも流石です。

ただちょっと導入が長いかなーって気がしますね。もう少パパっと歌まで行ってもいいんじゃないでしょうか(←誰やねんお前は)

ちなみにコントの方はどうかと言うと、動画をご覧ください。

漫才に比べて独特の間がある感じですね。

サラリーマンなら誰しも「あーこんな状況ちょっとわかるわ」ってなりますね。

ちょっと「探り探り」な会話の感じとかww

正直ここまで保身に走るって事はないですけど、探りながらの会話は結構見ることがあるので、ちょっとその場面で思い出して笑ってしまわないか心配です。

ちなみに下の動画はコントや漫才ではないんですが、私が個人的に面白かったお2人の企画動画です。

慶応卒のこがけんさんのテンパり具合が個人的にはツボでした。

ジャンケンホイホイで両方同じ奴を出したり、なぜか勝てる方を出さなかったりとか…。

あー分かる。やってしまうやつや。

って誰しも共感できるんじゃないでしょうか。

おいでやす小田ピンのネタ

ここからはそれぞれのピンネタを見ていきたいと思います。

まずはおいでやす小田さんのネタです。1人コントが面白い方なので、ぜひご覧ください。

2人でやるコントとは違いテンポよくツッコんでいくスタイルですね。

個人的にはこういったコントの方が好きですね。

大声でツッコむスタイルはともすれば嫌われがちですが、結構気持ちよく伸びる声なので聴いていて嫌らしさないですね。

こういう関西弁と他との比較は結構好きなネタです。

似たところで言うと、海原やすよともこの2人が関西の女の子と東京の女の子の比較をやってるのとかメチャクチャ好きですね。

ただ如何せん短いですね。もうちょっと見たかったです。

おいでやすこが|こがけんのピンネタ!細かすぎて伝わらないモノマネも!

お次はボケ担当のこがけんさんのネタです。

まずは、細かすぎて伝わらないモノマネ。

こがけんさんの代名詞ともいえる「オーマイガー!」を生み出したハリウッド映画あるあるモノマネをご覧ください。

これ以外にも様々なバージョンの「オーマイガー!」があります。

どれも「あーハリウッド映画でありそう?」と若干首をかしげたくなるものの、笑えるものばかりです。

お次は「歌ネタ」です。

歌は普通にうまいわ、英語はカッコいいわで潜在能力ありすぎでしょww

キャッチャヘンポニョ!ってなんだよww

様々な音に反応してしまうけど、歌下手な私からしたらこのマイクは欲しいですね。

おいでやすこがのネタ!漫才やコントからピンネタまでまとめ

今回はピン芸人同士のユニット「おいでやすこが」についてネタをまとめてみました。

2人では漫才もコントもこなす器用さを見せ、

ピン芸人としてはそれぞれ声の通るツッコミでの1人コントや、

うますぎる歌にモノマネなど独自の武器をお持ちの2人です。

漫才を見るとその2人の良さが出てる感じですね。

個人的には漫才の方が好きなので、もっとネタを出していってほしいなー。と思います。

とはいえ、ピンでも面白い2人なのでちょっと悩んでしまいますね。

どっちも頑張ってほしいという事で。