NO IMAGE

お茶の水女子大付属中学の警備は不十分?悠仁さまの机に刃物を置いた犯人像から見るセキュリティ不備は?

こんにちは、椎木です。

秋篠宮様のご長男である悠仁さまの机の上に刃物が置かれていたと言う事で、日本中が騒然としていますが、同時に「学校側の警備がザル過ぎる」との指摘も多数出ているようです。

そこで今日は実際に学校側の警備にどこまで不備があったのか、また犯人像についても少し考察してみたいと思います。

お茶の水女子大学付属中学の警備状況は?

まあ、調べてみても出るはずもなく。……そりゃうちの警備体制はこうですよ。なんて出していたら、犯罪者にどうぞ狙ってくださいとでも言わんばかりなので、当たり前でしょう。

なので、分かる範囲書いていきます。

普段は証明書がないと正門からは入ることができない

これは各報道でも言われていますね。

証明書と言うのは、学生証辺りになるのでしょうか。部外者が門に入る前から証明書を持っているというのは考えにくいですし、後述しますが、部外者が入るためには、事務室での受付が必要との事。

更に付け加えると、登下校の時間帯には、お茶の水の正門の周辺には警察官がおり、警備にあたっているとのこと。

学内以外からも警備が駆け付けるあたり、皇族への配慮が見て取れます。

また、再三言われていますが、部外者が学校内に入るためには、事務所での手続きが必要になるそうです。

事務所での手続きといいますが、その前に門を越えなければならないので、恐らく守衛室での手続きの事だと思います。

守衛室で仮証明発行。各学舎の事務室で証明書発行。のちに指定学舎内のみの移動が可能と言ったところではないでしょうか。

門の周辺は、警備として漏れは見当たりませんが、他は同なのでしょうか。

お茶の水女子大学のキャンパスマップを下に表示します。

お茶の水女子大学キャンパスマップより

2つの門のほかに、北側に小さく「北門」、西側に「西門」の文字が見えます。他の2つと違い、近くに守衛室の文字は見当たりません。

一説によると、この2つの門は現在使われておらず、警備の姿がないのだとか。

北門のすぐ近くには中学校の学舎があり、侵入経路の1つとして考えられなくもないでしょう。

26日は小学校で(同じ敷地内)行事があり警備が不十分だった?

事件のあった26日の午後は、同じ敷地内のお茶の水女子大付属小学校で保護会が行われていたとの事。

これにより保護者の出入りが激しかったようで、この機に犯人が中学校に侵入したのではないかという見解もあるようです。

そのタイミングで北門からと言う事はあるかもしれませんが、保護者に紛れてという可能性はまずないでしょう。

保護者に紛れて作業着姿の人間がいたら目立ちますし、大体今はどの学校でも、保護者にあらかじめ証明書が配られています。

どれだけ出入りがあろうとも、証明書もない、ましてや作業着姿の人間がまぎれるのは不可能でしょう。

学内の警備状況は?

お茶の水女子大学の外側への警戒は若干不十分そうなことが見えてきましたが、学内はどうだったのでしょうか。

お茶の水女子大学付属中学校は、国立の中学校になります。

今まで皇族の方を受け入れてきた私立の学習院と違い、施設内での警備においてのノウハウがなく、また実際悠仁さまの警備のせいで小学校時代などはピリピリしていたと聞きます。

これに関してお茶の水側を責めるのは難しいでしょう。なんせ、国立ですから、「特別扱いはしない」としつつも皇族、日本の象徴相手にそういった事は難しいでしょう。

もしかしたら学校側に配慮した秋篠宮ご夫妻が警備の数をお減らしになった可能性もあるかもしれません(完全に憶測です)

※新たな情報で敷地内にある中学校職員室につながるインターホンで「工事の者です」などと名乗り、出入り口を解錠させていたこともわかりました。

……その日本当に工事があったのか、あったとしても業者の確認はしなかったのか、なかったとしたら、学校の管理状況はずさんもいいところですね。

その日どういった業者がどういった理由で出入りするという情報なんて、普通全職員に共有させる物ではないのでしょうか。

警備まとめ

お茶の水女子大学付属中学の警備については、流石に国立学校なので、常にこれ以上の警備を導入させるのは、「税金の無駄遣い」と言った人間が出てきそうな気もします。

ただ、使用されていない門に関しての取り扱いは甘いかなと思いました。

学内に関しては、憶測でしかないので、これ以上の言及は避けておきます。

※新たな情報で、事件前に悠仁さまの進学に対する批判の電話があったのだとか。

この電話があったにも拘らず、侵入を許しているのであれば、少々お粗末と言えなくもないですね。

考えられる犯人像は?

今回の事件について、悠仁さまのカリキュラムや教室の場所、座席の位置(座席表があったそうです)を知っている辺り、内部犯や、共犯者の存在が疑われていますがどうなのでしょうか。

仮に内部犯や、共犯者がいると仮定すると、学内の防犯カメラの位置などを把握していない所は少し引っ掛かります。

なので外部犯の線が強そうです。

また事前に作業着やヘルメットを準備し、カリキュラムなどを調べ上げている事から、突発的ではなくかなり計画性の高い犯行だと言えます。

また、カリキュラムを把握していて、その時間教室には誰も来ない事を知っているとしても、「目立つ」服装で刃物を態々ポールに括り付けるのは中々リスクが高いと思います。

そういった自分の伝えたいメッセージとリスクを天秤にかけ、メッセージを選ぶという自己顕示欲の強い面も見えます。

用意周到で、自己顕示欲の強い人間が、悠仁さまを狙った理由は何でしょうか。

改元、お姉様のご婚約、はたまた学習院へ移ってほしいというメッセージ。

色々考えられますが、現在分かっている情報ではこのくらいが限界でしょう。

容疑者が拘束されましたね。詳しい事が分かり次第、別記事でまとめていきます。

まとめ

今回は世間を騒がせている、悠仁さまの机襲撃事件について警備の状況や犯人像をまとめてみました。

詳細が分かってくるほど学校の管理のずさんさが明るみになりますね。

正直公立学校なので、かばいたい気もするのですが、それを差し引いたとしても、不備が目立つような気がします。

分かっている事が少ないので、追加情報があり次第追記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。