【比較】paypayフリマとメルカリやラクマの送料・手数料の違いを徹底解説!

こんにちは!

遂にpaypayがフリマアプリに参入しますね!

既に「ラクマ」や「メルカリ」と言った二大巨頭が支配する業界なだけに、後進のpaypayがどこまで差別化を図ってきているのか気になったので、調べてみました!

paypayフリマアプリの手数料は?他のフリマサイトと比較!

手数料と一口に言っても、「販売手数料」だけじゃなく、売上金の「振込手数料」に支払いの際の「支払い手数料」といくつもありますね。

ここでは、それぞれの手数料について比較していきたいと思います。

販売手数料を比較

出品される方で気になるのは、やはり販売手数料でしょう。

今回参戦を表明したpaypayフリマアプリでの販売手数料は10%となっています。

大手のフリマサイトやアプリにおける販売手数料は

サービス名

価格

メルカリ

10%

ラクマ

3.85%

paypayフリマアプリ

10%

こうして見てみると、やはりラクマの手数料の低さが際立ていますね。

paypayフリマはメルカリと一緒ですね。

……談合を疑いたくなるような横一線。

販売手数料の面ではラクマが一歩リードですね。

 

振込手数料を比較

販売手数料を取られたと思ったら、お次は売り上げた金額を銀行に振り込んでもらうのにも「振込手数料」が発生してきます。

paypayフリマアプリで売り上げ金が発生し、振込申請や払い出しをする場合、ジャパンネット銀行口座への振込は手数料無料それ以外の口座は振込手数料1回100円です。

銀行指定と言うのはちょっとネックですね。

 

振込手数料についてメルカリとラクマをそれぞれ条件ごとに並べると下図のようになります。

サイト名

10000円以上

9999円以下

その他

メルカリ

無料

210円

お急ぎ振り込みは金額に関わらず+200円

ラクマ

無料
(振込先が楽天銀行の時のみ)

210円 

 

paypayフリマ

無料
(ジャパンネット銀行以外は100円) 

 

メルカリもラクマも基本的には振込手数料は一緒ですね。

ただ、ラクマはpaypayフリマ同様に「楽天銀行」指定なので、その辺のハードルはちょっとありますね。

 

振込手数料番外編

paypayフリマとメルカリは売上金をpaypayマネーにチャージしたり、ポイントとして変換できます。

この場合は手数料が一切かからないので、かなりお得です。

paypayマネーであれば、paypayフリマアプリ内では勿論の事、全国のpaypay加盟店で使用できるので、これはかなりのアドバンテージでしょう。

というか、paypayフリマアプリを利用する方なら、間違いなくこのpaypayマネーにチャージ一択でしょう。

よほど現金が必要でない限りは、スーパーから家電量販店、外食にファッションまで様々なお店で使えますからね。

paypayマネーめちゃくちゃ便利です。

 

メルカリの場合も「メルpay」として全国の加盟店で使用できるのですが、paypayに比べると、圧倒的に加盟店が少ないのがネックでしょうか。

振込手数料の件では、paypayフリマがぶっちぎりでお得ですね。

 

支払い手数料を比較!

手数料の最後は「買う側」が負う手数料、「支払い手数料」について比較します。

案外知られてなかったりするのですが、コンビニ払いや銀行振り込みだと手数料がかかってしまうんですよね。

paypayフリマの支払い手数料は……かかりません。というか、支払方法がPayPay残高払いかクレジットカード払いしかありません。

コンビニ払いなどが出来ないので、そもそも支払いに手数料が発生しないようになっています。

現金払いをしたい人からしたら不満が出るように見えますが、そもそもpaypayフリマを利用される方はpaypayユーザーの方が殆どでしょう。

無駄なリソースに人員を割くより賢明な判断だと思います。

 

ちなみにメルカリ、ラクマでは

メルカリ

コンビニ 100円
銀行ATM
郵便局
100円
クレジットカード 無料

 

メルペイ 無料
auかんたん決済 100円
d払い(ドコモ) 100円
ソフトバンクまとめて支払い 100円

ラクマの支払い方法と手数料一覧

コンビニ 100円
銀行ATM
郵便局
100円
クレジットカード 無料

 

楽天ペイ 無料
auかんたん決済 100円
d払い(ドコモ) 100円
ソフトバンクまとめて支払い 100円
LINE Pay 無料
Paidy 無料
ラクマポイント 無料
楽天スーパーポイント/楽天キャッシュ 無料

どちらもポイントやクレジット払いはpaypayフリマと同じ無料ですね。

この辺は支払い方法を選べるメルカリやラクマに軍配が上がりそうですが、手数料を考えると……何とも言えませんね。

 

paypayフリマアプリの送料は?他のフリマサイトと比較!

次に気になるお金の部分はやはり「送料」でしょう。

paypayフリマアプリの送料はなんと無料!

やはりネットショッピングにおいて「送料込み」と言うワードはかなりインパクトがデカいです。

ただ送料込みはいいのですが、実際のところ送料は「出品者負担なのでまず間違いなく商品代金に送料を上乗せして出品してくるでしょう。

 

そうなってくると、他のフリマアプリと値段を比較してみたいのですが、肝心の送料が本当はいくらかかるか分かってないと、比較しようがないですよね。

と言う事で、paypayフリマアプリの出品者負担の送料を調べてみました。

 

paypayフリマの送料は「ヤフネコ」のシステムを使用しています。

ネコポス

全国一律195円。(送料が出品者負担の場合)

ネコポスのサイズは

  • 角形A4サイズ(31.2cm以内×22.8cm)以内
    ※「縦11.5cm×横23cm」より大きなものを対象
  • 厚さ2.5cm以内
  • 重さ1Kg以内

漫画本とかスマホケースならいけそうですね。

 

宅急便コンパクト

全国一律380円(送料が出品者負担の場合)

こちらは2種類あります。

宅急便コンパクト薄型専用BOX(縦)24.8cm(横)34cm

出典:ヤマト運輸

宅急便コンパクト専用BOX(縦)20cm(横)25cm(高さ)5cm

出典:ヤマト運輸

郵便局にもレターパックと言うのがありますね。

それの宅急便版と言ったところでしょうか(ちなみに送料が出品者負担でなければ届け先によって送料が変わります)

レターパック同様専用のボックス(70円)を購入する必要があります。

なので実質送料は450円と言ったところでしょうか。

 

宅急便

宅急便コンパクトよりも大きい物は普通の宅急便として送る事になります。

普通なら届け先で送料が変わるのですが、これも出品者負担ならば送料は全国一律になります。

縦横高さの3辺の合計で大きさが決まってくるので、商品の大きさで大体の送料の目安がつきますね。

それぞれの大きさと送料はこちら

サイズ 荷物の大きさ 重さ 料金
60サイズ 60cm以内 2kgまで 600円
80サイズ 80cm以内 5kgまで 700円
100サイズ 100cm以内 10kgまで 900円
120サイズ 120cm以内 15kgまで 1,000円
140サイズ 140cm以内 20kgまで 1,200円
160サイズ 160cm以内 25kgまで 1,500円

特筆すべきはやはり送料が全国一律というところでしょう。

沖縄や離島、北海道などの方にはかなりお得ですね。

そうするために送料が「出品者負担」になっているようですね。

 

メルカリとラクマの送料

ちなみにメルカリとラクマの送料の料金体系は同じです。(送料込みの場合)

※メルカリの送料は「送料込み」もしくは「着払い」の2種類があります。

※ラクマの場合は発送方法が複数あります。送料込みでない場合は、出品者ごと、落札者ごとに送料が変わってくるので必ずお問い合わせください。

 

メルカリとラクマで送料込みの場合送料のみの価格はいくら?

メルカリやラクマの商品が送料込みの場合、発送方法によって送料が変わります。

らくらくメルカリ便(かんたんラクマパック)の場合

名前こそ違いますが、paypayフリマと同様に「ヤフネコ」のシステムなので送料は同様です。

ゆうゆうメルカリ便(かんたんラクマパック)の場合

ヤマト運輸ではなく、郵政公社での発想の場合はこちらになります。

ゆうパケット(小型荷物)

全国一律175円

  • 3辺合計60cm以内
  • 長辺34cm以内
  • 厚さ3cm以内
  • 重さ1kg以内

このサイズに収まるならば、ネコポスより20円安く届けてくれます。

ゆうパック

普通のゆうパックですね。ただこちらも全国一律なので、普通に送るよりもかなりお得ですね。

サイズと価格はこちら

サイズ 料金
60サイズ 700円
80サイズ 800円
100サイズ 1,000円

ただ料金は100円程高いので大型の場合はヤマト運輸の方がお得そうです。

ラクマはどちらの名前も「かんたんラクマパック」なので、小さい商品を買う時は発送方法がゆうパケットなのかどうかを確認すると良いですね。

送料の面では甲乙つけがたい感じですね。

 

3社とも料金は似たり寄ったりですし、基本的に送料を「出品者負担」にする方が一番安く抑えられるので、送料を上乗せされても全く問題はなさそうです。

なので、メルカリ、ラクマ、paypayフリマの3つで同じ商品を送料込みで見比べた場合、単純に価格やすい方がお買い得だという事ですね。

この辺は分かりやすくていいですね。

まとめ

今回はpaypayフリマアプリについて、気になる商品代金以外でのお金の部分を他のフリマサイトと比較してみました。

販売手数料はメルカリと同じ10%で、ラクマの3.85%に比べると見劣りしてしまいますが、paypayフリマ最大の魅力は何と言っても売上金をpaypayマネーにチャージする事で、振込手数料をなくし、かつ全国の加盟店で使用できる点でしょう。

この辺はpaypayならではの強さですね。

また、支払方法を絞り買い手側に手数料負担をなくした事。

送料を「出品者負担」に絞った事。

この2点はシンプルで分かりやすく、買い手側のメリットとなるので出品者からしたら「お客が増える」と捉えてよさそうです。

販売手数料はメルカリと同じでかなり痛いですが、メルカリと同じくらいの集客は見込めるかもしれませんね。

買い手、売り手のどちらに対してもシンプルな構造なので是非使用してみてください。