ぺこぱってどんな芸人?おもしろ荘以降消えた理由と現在を調査!

こんにちは。

2019年のM1グランプリ決勝進出者が発表されましたが、その中に2019年の初っ端を彩ったコンビの名前がありました。

ぺこぱ

という一度聞いたら中々忘れないようなインパクトのある名前のコンビで、2019年のぐるナイおもしろ荘で優勝し、2019年の顔となるのかと思いきや、あまりテレビで見る事がなく年末が来てしまいました。

 

「ぺこぱ」と調べようとすると

と「消えた」なんてネガティブな予測変換が出るくらいです。

 

これは少し気になったので、ぺこぱの空白の1年を調べてみました!

 

【お笑い芸人】ぺこぱってどんなコンビ?ネタをちょい見せ

まずは「ぺこぱ」を知らない人のために、どんなコンビなのかを紹介します。

twitterより

お笑いコンビ「ぺこぱ」は

おくんなましー担当:シュウペイさん(向かって左、どちらかと言えばボケ)

キザーン担当:松陰寺太勇さん(向かって右、どちらかと言えばツッコミ)

のお笑いコンビです。

キザーン担当の松陰寺太勇さんは、舞台上で「キザ芸人」を名乗り、担当名通りの「キザーン」と言う決め台詞に加え、着物姿にローラーシューズで動き回ると言うかなり独特の出で立ち。

 

ネタは結構シュールな雰囲気で、ハマる人はハマる感じですね。

動画は2018年の準決勝の物ですが、ボケをすべて肯定していくという中々斬新なスタイルはハマれば爆発しそうです。

 

ただ2019年の準決勝の衣装を見ると、どちらもスーツ姿だったので、少なくともM1ではローラーシューズは無いかもしれません。

twitterより

格好はスーツでしたが、しっかりキザっぽくメイクはしていたので、「キザーン」くらいは聞かせて欲しいなー。

 

次はそれぞれのプロフィールを深堀します。

 

ぺこぱ|シュウペイの高校や家族などプロフィールまとめ

twitterより
本名 成田 秀平
出身地 神奈川県
生年月日 1987年7月16日
血液型 A型
身長/体重 180cm /70kg
出身校 麻布大学附属渕野辺高校
趣味 サッカー・格闘技観戦・お笑い
特技 パーティーに行く・盛り上げる

高校時代はサッカー部に所属しており

  • 小林悠(FW/MF:川崎フロンターレ)
  • 太田宏介(DF:名古屋グランパス)

など現在もプロで活躍している選手とチームメイトでした。

麻布大学附属渕野辺高校はシュウペイさんが高校生の頃の、2004年と2005年に2年連続で全国高校サッカーに出場しています。

その時の世代がかなり強かったのでしょう。そんな世代にもまれているので、シュウペイさんのサッカーの実力も凄そうです。

 

シュウペイさんにはお姉さんが2人います。

3人姉弟の末っ子であるシュウペイさんは、お母さんに溺愛されていて、お母さんがイベント会場に電話をして営業を取ってきたこともあるとか。

 

甘やかされて育ってしまったからか、コンビを組む前はなんとギャル男でした。

出典:ぺこぱ公式ブログより

画質の粗さと、下の戻るボタンに歴史を感じますねww

 

そんな元ギャル男に声をかけたのが、当時同じバイトの先輩だった松陰寺太勇さんです。

「『役者を目指している』とか『ミュージシャン目指している』とか目標はあるの?」と聞いたら「マジ、伝説作りたいッス!」って。その一言で、コンビを組むことを決めました(笑)。コイツは面白いと。

出典:Yahooニュースより

このやり取りだけで、見た目以上に松陰寺太勇さんがマジメそうな雰囲気なのが分かりますね。

お次はそんな松陰寺太勇さんを深堀します。

 

ぺこぱ|松陰寺太勇の身長入りプロフィール

twitterより
本名 松井 勇太
出身地 山口県
生年月日 1983年11月9日
血液型 O型
身長/体重 170cm /70kg
趣味 野球・ニュース・政治
特技 曲作り

特技は曲作りと、実は元バンドマンの松陰寺太勇さん。

僕は高校を卒業して大阪の音楽専門学校に行って、音響の勉強をしてたんです。音響マンになろうと思っていたんですけど、途中で「裏方より、やっぱり目立ちたいな…」となりまして(笑)。楽曲を作って、とにかく上京したんです。身一つで出て、東京でバンドを組んでメジャーデビューできたらと。

出典:Yahooニュースより

ただ上京したものの、周りのレベルの高さに無理だと諦めてしまいます。

 

ですがちょうどその頃日本が空前のお笑いブーム。各局で数々のネタ番組が放送されているのを見て

「これはイケる!」

とお笑い芸人に転身。

最初はスベリまくっていましたが、たまにウケた時の快感で「一生の仕事になる」とのめり込んでいきました。

ちなみにデビュー当時は「松井祭」というピン芸人でやっていましたが、コンビでやった方がいいと、先ほどシュウペイさんの項で述べたように、シュウペイさんを誘っています。

 

元バンドマンと言う事で、昔はギター片手にネタを披露していたこともあります。

他にも公式のYouTubeチャンネルでは歌声も披露されています。

 

元バンドマン、キザ担当と、キャラをかなり確立している松陰寺太勇さんですが、実際のところは噛んではにかんで見せたり

字が少々個性的だったりと、根は純粋そうな雰囲気なところにかなり好感が持てます。

 

ぺこぱが売れてない?おもしろ荘以降消えた理由は?

2019年のおもしろ荘で一躍スターダムを上った「ぺこぱ」のお2人。

2019年の初頭は各テレビ局に引っ張りだこだったのは事実です。

実際3月には人気番組である「おしゃれイズム」に出演するなど、かなり飛躍したと言っても間違いないでしょう。

それなのに、あまりテレビで見なくなった理由を考察してみました。

 

理由その①:所属事務所のゴタゴタ

「ぺこぱ」は2おもしろ荘で優勝した段階では、「オスカープロモーション」に所属していました。

上戸彩や米倉涼子と言った、日本を代表する女優を要するあの「オスカープロモーション」です。

 

そのオスカープロモーションの「お笑い部門」に席を置いていたのですが、中々ヒット芸人が生まれない、所謂採算の合わない部署と言う事で、2019年の5月をもってその部署が閉鎖。

それに伴って、所属していた「ぺこぱ」の2人はフリーランスへ。

 

そんな2人を拾ったのが、サンミュージック。

2019年5月18日のライブをもってオスカープロモーションお笑い部門が閉鎖のためフリーランスに転身。当日深夜配信の「カンニング竹山の土曜The NIGHT」#63に出演。番組中に出演オファーがあったこともあり、当面はカンニング竹山の所属事務所であるサンミュージックが受付窓口になることが発表された。その後6月12日にサンミュージックへの正式所属を発表。

出典:Wikipediaより

 

ただ事務所が入れ替わったとしても、数字が取れるのならば、テレビ局として欲しいのは「ぺこぱ」なのであまり事務所は関係ないかもしれません。

ただ2人のモチベーションには少なからず影響を与えた可能性は否定できません。

 

理由その②:使いにくい

開口一番失礼な考察ですが…

個人的には「キザーン」や口笛を吹いたりする様は、一種のネタとして子供にウケそうな気がするのですが、現実は分からないです。

というもの、ここ数年過去のおもしろ荘でブレイクした芸人さんを見てみると

  • ブルゾンちえみ
  • ひょっこりはん
  • 小島よしお

と子どもが簡単に真似できそうなネタが多いと感じます。

実際2018年には優勝した「レインボー」より「ひょっこりはん」の方がブレイクするという始末。

 

2019年もどちらかと言うと、子どもが簡単に真似できる「パンケーキ食べたい」の夢屋まさるさんの方がプチブレイクした感じが…

この辺は大人の事情もあるかもですが、「パンケーキ食べたい」の一言でネタが完結する夢屋勝さんの方が、回転率が良いと考えられそうです。

どうしてもシュールなネタは万人にはウケづらいですから…。

 

考察まとめ

個人的にはやはり優勝したからテレビで使われるはず

でも見ない…もしかして消えた?

という構図ではなく、元々よりキャッチ―なコピーを持っていた方に流れはあったと考えます。

 

実際、「ぺこぱ」のスケジュールを確認すると2019年2月に地上波のテレビ出演が無いという事からも、最初から「おもしろ荘の優勝=ブレイク」と言う構図ではない事を裏付けています。

 

ただかつて、オードリーがおもしろ荘に出演した年に、そのまま暮れのM1でブレイクしているので、個人的には「ぺこぱ」もその流れにのってほしいなー。と思ってます。

 

まとめ

今回は2019年のM1グランプリ決勝出場を果たした「ぺこぱ」について調べてみました。

 

独特の雰囲気があるネタはシュールで、万人ウケはしないかもしれませんが、個人的にはすごく好きです。

正直まだ「消えた」と言われるには早すぎるので、M1で見事に爆笑を掻っ攫って欲しいと思います!