NO IMAGE

佐々木朗希(ろうき)のプロフィールや経歴は?大阪桐蔭との噂やドラフトでの注目度は?

こんにちは、椎木です。

春のセンバツが終わってまだ間もないですが、とんでもないニュースが飛び込んできましたね。

岩手は大船渡高校の佐々木朗希投手が163キロの球を放ったらしく……体感した選手からは「瞬間移動」との発言まで出ています。

今日はそんな「令和」の怪物になりそうな佐々木朗希投手について

  • プロフィールや経歴
  • ドラフトへの影響

についてまとめてみました。

佐々木朗希のプロフィールは?

佐々木朗希投手は2001年生まれの17歳(2019年4月現在)

身長は189㎝

体重81㎏

とプロのアスリート顔負けの体格です。……ほんと、最近の子は大きいですよね。テレビなんかで見てたらそうでもないのに、実際にあったらビビるくらい大きくて、笑ってしまう事もしばしば。

右投げ右打ち、ポジションは勿論投手です。

ちなみに「朗希」という珍しい名前ですが、どうもお兄さんが小さい頃ハマっていた「百獣戦隊ガオレンジャー」の敵キャラ「狼鬼」の名前から取ったのだとか。

敵でありながら、筋の通った生き様だったようで、佐々木朗希投手にもそういった「筋の通った生き様」みたいなのを望んでいるのかもしれませんね。

佐々木朗希の経歴は?

佐々木朗希投手が野球を始めたのは小学校三年生の頃。

当時は陸前高田市に住んでいたとの事でしたが、2011年の東日本大震災で大船渡市に引っ越しています。

その後大船渡第一中学校に進学、軟式野球部に所属し、東北大会では準優勝を経験しています。

そんな実績を持ちつつも、地元の大船渡高校にへ進学。一年時からベンチ入りを果たし、二年の頃にはエースとして県大会でベスト4に入るなど、実力を発揮してきました。

ちょうどこの頃の大会から佐々木朗希投手の非凡さが有名になってきたころだと思います。

そしてそんな才能を見出されたのか今回のU18代表選出となっています。

佐々木朗希と大阪桐蔭の関係は?

そんな佐々木朗希投手ですが、実は中学の頃にあの大阪の名門である「大阪桐蔭」からスカウトを受けていたのだとか。

実際大阪桐蔭の関係者が、何度も大船渡第一中学に足を運んでいたとの事なので、噂の信憑性は高いと思います。

ですが、なぜか佐々木朗希投手は地元の大船渡高校に進学しています。

野球好きで、あの大阪桐蔭から打診があったにも関わらず、地元に進学したのはなぜか。

その理由として、佐々木朗希投手は

中学時代から一緒にプレーをしている仲間たちと野球がしたいから

と答えているのだとか。

……いいですね。そうそう、本来全国大会ってこういう物なんですよ。

地元から、皆で力を合わせて全国を夢見る。

別に特待生が悪いとは言いませんが、折角の学生生活くらい、「個の力の結集」じゃなくて仲間との「絆の力」で勝ち上がっていくストーリーの方が、グッときますよね。

大船渡高校には是非とも頑張ってほしいところであります。

佐々木朗希はドラフト候補?

これだけの話題性を持っている佐々木朗希投手、すでにいくつもの球団が獲得に動いているとの噂です。

実際今回163キロを計測したのは「中日ドラゴンズ」のドラフト関係者だと言われていますし、

あの「日本ハム」もドラフト1位指名を視野にいれているのだとか。

近いうちに「令和の怪物」としてプロ野球のマウンドに立つ可能性は大ですね。

まとめ

今回は佐々木朗希投手について経歴やプロフィール、桐蔭との関係やドラフトの予想をまとめてみました。

気のいい仲間に囲まれて、自分のやりたい野球をのびのびしている事が、佐々木朗希投手の一番の強みなのではないでしょうか。

今後どんな活躍を見せてくれるかは分かりませんが、短い高校生活。今の仲間と思い切り楽しんで少しでも長く野球が出来ることをお祈りしています。

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ではまた次のニュースで。