桜を見る会の中止はなぜ?本当の理由や裏事情を調べてみた

こんにちは。

連日ワイドショーを賑わせている「桜を見る会」ですが、急遽来年度の中止が発表されましたね。

この理由として菅官房長官は

  1. 招待基準があいまい
  2. 招待のプロセスが不透明

などを理由に中止を宣言されました。

 

へー。中止なんだ。と思う一方、つい前日までは「問題ない」と強気だっただけに、本当にこの理由で中止なのか気になったので、本当の理由や裏事情がないか調べてみました。

 

桜を見る会中止の本当の理由や裏事情は?

政府側が発表した中止の理由は先程書いた通り

  1. 招待基準があいまい
  2. 招待のプロセスが不透明

と野党側が追求してきた一部を認めるような形で中止を発表されました。

 

ただ何というか急転しすぎなのが少し気になりますよね。

「問題ない」としていた物を急遽中止にするには理由が弱すぎますよね。

中止にする事でこの問題自体をさっさと終わらせたいという意向が見え隠れします。

 

桜を見る会中止の本当の理由:味方からの突き上げ

元々ここまで問題が大きくなるとは思っていなかったのかもしれません。

実際安倍総理だけでなく、「鳩山政権時代も桜を見る会で地元の支援者が招待されていた」というカウンターパンチのニュースが出るくらいです。

(※鳩山元首相と安倍総理ではその人数が違いますが、それでも「支援者を招待していた」という事実でくくった場合での話です)

と政府としてはそこまで問題にしていなかったのかもしれません。

が、そこにきて二階幹事長の

「支援者を呼んで何が悪い?」

という趣旨の発言が火に油を注ぎ、一気に世論が反対に傾きました。

 

それに呼応するように、自民党内部からも批判が噴出しだしました。

と言うのも、引き合いに出される鳩山政権時の「桜を見る会」の鳩山元首相の招待枠はわずか数十名。

安倍総理はその20倍以上とも言われる人数です。

流石にこれを同列で語るには無理がありますね。

 

加えて鳩山政権時代は、1年生議員にも4名と少ないながらも招待枠があったにも拘らず、安倍政権下の現在では

「招待枠は内閣が管理しているからノータッチ」

という議員で溢れています。

 

つまり自民党内部からも

「桜を見る会を私物化している」

と批判が出始め、足元が覚束なくなってきたことで、火消しのように急遽中止を決定づけたのでしょう。

 

桜を見る会中止の本当の理由:出席者が集まらない?

これも一部あるかもしれませんね。

仮に基準を選定して、人数を絞って実施したとしてもこれだけ問題になってしまえば、次回の「桜を見る会」への注目は避けようがありません。

そんな会に出席しようものなら、確実にマスコミ始め様々な方面から

「どんな功績が~」

とか

「どんな人物で~」

とか

「経歴は~」

とか根掘り葉掘り調べ上げられたりすることでしょう。

 

…仮に厳正な基準を通過しているとしたら、痛くもない腹を探られるような場所に喜んで出席される方がいるとは考えにくいですね。

 

ただ今回中止したとしても、次回開催される時はそれなりに注目されるのは間違いないので、政府がどうやって支援者のプライバシーを守りながら世論を納得させるかが鍵になりそうです。

その準備が後半年を切った状態では間に合わないと言いうのが本音でしょうか。

 

 

桜を見る会中止の本当の理由:選挙対策?

 

少し毛色を変えた理由の一つとして、選挙対策と言う見方もあります。

余り突っ込まない事案だから、トカゲの尻尾切りのようなスタイルで終わらせた。

と見えなくもないですが、どちらかと言うと問題が長引くにつれて、批判の声が大きくなってきた事で腰が引けたように退いた印象ですね。

 

一刻も早く、政府や自民党に対する批判を鎮静化させたい理由として考えられる少ない理由の1つとして、衆議院選挙が挙げられます。

 

いやいやいや…次の選挙っていつだと思ってんだよ。

と言われそうですね。

確かに衆議院の人気はあと2年ほど残っています。

ですが、つい最近まで今年中に解散総選挙を睨んでいるという噂がありました。

 

消費税を上げた直後なので、今のところ経済への影響が色濃く見えていない状況。(GDP等いわゆる数字での影響)

実際2019年11月14日4期連続のGDPのプラス成長が発表されています。(確実に消費増税前の駆け込みですが)

そういった数字を武器に、解散総選挙に向かうという見方がありました。

その噂は12月15日の投開票だったので、まだ発表の可能性はゼロではありませんが、流石に今の状態で解散総選挙などしようものならば

「被災地支援を無視して選挙なんてやってんじゃねーよ」

と批判がさらに増えるでしょうから、この噂は与太話でしょう。

 

まとめ

今回は「桜を見る会中止」の本当の理由を探ってみました。

政府が理由として挙げているのは

  1. 招待基準があいまい
  2. 招待のプロセスが不透明

でしたが、それを理由に急遽中止と言うにはあまりにも説明不足ですね。

裏事情としては

  1. 自民党内部、足元からも批判が出ている
  2. 出席者の獲得が難しいのでは?

という事情がありそうです。

流石に選挙への影響を考えて…というのはないでしょう。

台風などの災害が無ければ少々現実味がありましたが、この大変な時期に「国民に信を問う」なんて言う「パッパラパー」が首相ではなでしょう。

流石に…

 

…マジで大丈夫だよね?