NO IMAGE

桜田義孝大臣が失言で更迭!後任の大臣は誰?なぜこのタイミングなのか理由も予想!

こんにちは、椎木です。

お騒がせ大臣の桜田義孝氏がついに更迭されてしまいましたね。

桜田大臣は総理に辞表を提出したとの事らしいですが、事実上の更迭らしいです。

そこで今回は更迭された桜田義孝大臣について

  • 後任の担当大臣は誰?
  • なぜこのタイミングでの更迭?

と言う事について調べてみました。

関連記事:桜田大臣失言まとめ

桜田義孝大臣の後任は誰?

桜田義孝大臣と言えば、数々の「言い間違い」や失言をこぼしてしまわれた方。

大臣就任時でも分かっているだけで10件を超える失言を繰り返してきた方だけに、その度に首相の胃も痛かった事でしょう。

桜田元大臣の後任には遠藤利明元五輪担当相の名前が挙がっているようです。

後任は鈴木俊一氏に正式に決まったようです。

…クソが!誰だよ「遠藤前五輪相が濃厚」とか言ったの。違うじゃん!!

…すみません失礼しました。鈴木氏については別途記事書きます!

遠藤利明とは?

後任候補の遠藤氏とはどんなかたでしょうか。


与野党に幅広い人脈を持つ調整型の政治家と言われており、東日本大震災の際には民主党と交渉を重ね復興政策をまとめ上げた[。また、「山形のドン」と一部で呼ばれていることについては、「加藤さんや鹿野さんが引退し、誰もいなくなったから言われているだけ」と述べている]
政策面では有力な文教族とされている[。特に大学時代にラグビー部に所属していた経験からスポーツ振興政策を得意としており、森喜朗とはラグビーを通じて親交を深め師弟関係を築いている[。「他国とくらべ、世界と戦う選手の強化策がハード、ソフト両面で手薄過ぎる」という持論を持ち、ナショナルトレーニングセンターの設置やスポーツ庁設置法の成立に関わる一方、政治がスポーツに介入することには反対している[

wikiより

スポーツ対する情熱は五輪担当大臣として適任じゃないでしょうか。

さらに野党側にも顔が利くというのは、首相として、野党からも国民からも槍玉に挙げられるのを少しでも和らげたいとかいう思いもあるのかもしれません。

正直個人的には大臣がちょっと失言したくらいで、首相の任命責任だなんだとかは言い過ぎだと思いますが(正直オッサンがオッサンの手綱なんか握れないでしょ)ただ、今回はさすがに多すぎる気がしますね。

こんなことになる前に、もっと早くに切っておくべきだった気がしますが……「たられば」を言ってもキリがないでしょう。

先日国土交通副大臣も辞任してますし、政治家の方々には新しい時代にふさわしい礼節やらを身に付けて欲しいですね。

関連記事:遠藤利明の経歴や貴乃花との関係は?

せっかくまとめたのに…違ったというオチ。

なぜこのタイミングでの更迭なのか

桜田元大臣は過去にも失言があったのに、なぜ今になって更迭なのでしょうか。

一説には21日投開票の衆院2補選や統一地方選後半戦の前に、不安材料を処理してしまいたかったのでは?と言われていますがどうなのでしょう。

単純にあまりにも失言を重ねてしまったため、流石に、安倍晋三首相もかばいきれなかったのではと言うのもありそうです。

ただ、今回の失言に関しては、今までの失言と比べて洒落にならないレベルかと思います。

「石巻市」を「いしまきし」と言い間違えた事なんかは、学がない事を晒し恥をかいたのと、石巻の人間をがっかりさせたくらいでしょう。

ですがさすがに今回の「復興より高橋さん」発言は、擁護できる部分が全くありません。

学があろうとなかろうと、人間として言っていい事と悪い事がある。それ以上にそういう考えがあるからこそ口をついて出てしまうわけで、人間性を疑われるようなものは一発退場で間違いないのでしょう。

発言の内容と立場、そういった物を鑑みればなぜこのタイミングというより、「この発言がアウト」と見る方がよさそうです。

まとめ

今回は更迭された桜田元大臣の後任や、更迭のタイミングについてまとめました。

後任は遠藤利明氏が濃厚。

更迭がなぜ今なのかについては、発言内容で一発アウト。

と言う結論です。

失言と言いますが、そもそもそういう事を思わなければ、口をついて出るなんて事ありえないでしょう。

新しい時代になりますし、浮かれるばかりではなく、しっかりと気を引き締めていただきたいですね。

関連記事:桜田大臣失言まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ではないまた次のニュースで。