参議院選挙2019東京の立候補者一覧と公約!情勢は自民公明れいわどこが優勢?

こんにちは、椎木です。

遂に公示が為された2019年夏の参議院選挙。

令和一発目の国会議員選挙、消費増税前と言う事も相まってかなり注目が集まっていますね。

今日はそんな参議院選挙2019の東京選挙区に絞って

  • 候補者と議席定数
  • 公約(マニフェスト)
  • 選挙の情勢

を調べてみました。

参議院選挙2019東京選挙区の立候補者一覧と公約まとめ

東京選挙区の定員は6名

その枠を争うのが以下の20名の立候補者になります。

※届け出順(政策は一部抜粋です)

丸川珠代(まるかわたまよ)
自民党

  • 年齢︰48歳
  • 現職:当選2回
  • 職歴︰元オリンピック・パラリンピック担当大臣
    元テレビ朝日アナウンサー

旦那さんは自民党の衆議院議員と、2人そろって政治家という人。

個人的には「この愚か者めが!」のTシャツのインパクトが凄い。(いつの時代の話だよ)

政策はこちら

  • スポーツ文化のまち「東京」を育てていきます。
  • 東京ブランドを世界に発信
  • 子どもの未来のための教育環境をつくる
  • 災害やテロに負けない強い都市をつくる
  • 命を思う心の豊かさを取り戻す
  • 介護する人も、受ける人も幸せでいられる世の中にします

塩村文夏(しおむらあやか)
立憲民主党

  • 年齢︰41歳
  • 新人
  • 職歴︰元東京都議会議員
    元放送作家

都議会議員の頃、心無いヤジをもらい大きな話題となった人。

ヤジを飛ばす事しか能のない愚か者は勿論論外で、即座に政治の世界から退出しなければならない輩だが、いかにヤジが酷かろうと、涙ぐんでは国政では厳しい。

あの頃と違うという姿を見せられるか。

元グラビアアイドル、タレント、放送作家などの経験あり。

政策はこちら(一部抜粋)

・企業にメリットの大きい経済政策、光のあたる経済政策に転換します。

・派遣法など労働法制の見直し。

・介護士・保育士の給与を平均水準まで引き上げ。

・不本意な非正規雇用を法律での制限。

・望めば正社員になることのできる社会作り。

・安心して働き暮らすことのできる賃金の確保を目指し、個人消費を上げる。

・不妊の検査や治療を進める夫婦へ積極的な支援策を充実。

・原発ゼロ基本法の制定。

・多様な個性や価値観が認められ、基本的人権が尊重される「共に生きる社会」の実現。

・災害時の避難所で、人が人らしく生きるために必要なスペースなどを定めた国際基準である「スフィア基準」を重視

・譲渡の拡大に頼らないペット殺処分ゼロ

wikiより

武見敬三(たけみけいぞう)
自民党

  • 年齢︰67歳
  • 現職:当選4回
  • 職歴︰元厚生労働副大臣
    元外務政務次官

麻生太郎氏のはとこにあたり、あの大久保利通や牧野伸顕の子孫にあたる根っからの政治家。

当選回数も4回を誇り、在任中はWHO親善大使。厚生労働副大臣、参議院外交防衛委員長、自由民主党参議院政策審議会長を歴任するなど、政権からの信頼も厚い。

政策はこちら

何歳になっても安心して暮らせる、 活力ある健康長寿都市”東京”の実現。

  • 若者だけでなくシニア世代の就活・起業を支援し多世代で支える時代を実現
  • 働き世代の未病対策を実施
  • 交通インフラのアップデート
  • 災害に強い都市の実現
  • 世界一の食・文化・スポーツの都市へ

山口那津男(やまぐちなつお)
公明党

  • 年齢:67歳
  • 現職:当選3回
  • 職歴:公明党代表
    弁護士

公明党の代表。国会議員初当選は衆議院で。

2000年の自民党平沢勝栄氏との「与党対決」を経て参議院へ。

党代表は2009年から、現在3選中。

公約はこちら

  • 幼児教育・保育の無償化
  • 保育の受け皿のさらなる拡大
  • 私立高校授業料の実質無償化
  • 高等教育の無償化
  • 消費税引き上げ時に「軽減税率」を導入
  • 消費税引き上げに伴う需要の平準化対策
  • 中小企業・個人事業主の承継支援を手厚く

溝口晃一(みぞぐちこういち)
オリーブの木

  • 年齢︰50歳
  • 新人
  • 職歴︰写真家
    政治団体代表

複数の政治団体が集まって出来た政党「オリーブの木」の政調会長

政治団体「情報公開おおた」の代表。(ちょっとホームページが紛らわしい。オリーブの木とおおたの共同代表みたいに読めなくもない)

共通公約に

  • 消費税の廃止・減税
  • ベーシックインカム導入
  • 対米自立と平和外交

を掲げる。

溝口氏独自の政策はこちら

・社会保障見直し・原子力発電の廃止と廃炉研究の産業化

・行政改革の推進・天下りの根絶

・ロスジェネ世代以降の非正規雇用低所得者の救済処置

・再チャレンジ可能な社会にするための具体的な無料教育プログラムの提供

・所得税の累進課税上限の引き上げと株配当利益などの分離課税を廃止して総合所得課税とし、超富裕層からしっかりと収めてもらう。

・歳入庁の設立で、歳出と歳入の役所を分ける。併せて、会計監査院に調査権を与えて、相互監視で、税金の無駄遣いを排除する。

・起業しやすくするため、土地担保制度と連帯保証人制度を禁止とし、査定能力の無い銀行には、金融市場から退場してもらう。

・道州制の導入と地方自治体に権限と財源を移譲する。

・電波利用料を入札制度にし、テレビラジオ、携帯電話事業者からの電波利用料を引き上げる。適正利用出来るように電波法の改正を行う。

公式より

森純(もりきよし)
無所属

  • 年齢:71歳
  • 新人
  • 職歴:元会社員

東京選挙区立候補者で謎の人物part1.

大阪市立大学出身という事以外は謎の人。

勿論政策も謎だが、毎日新聞の候補者アンケートから国政への考えを一部抜粋した。

  • 憲法改正に賛成
  • 9条の改正には反対
  • 消費増税は延期もしくは撤回すべき
  • 年金や社会保障制度は維持すべき(負担増もやむなし)
  • 原発は現段階では必要。将来的には撤廃
  • 外国人労働者はもっと受け入れるべき

山岸一生(やまぎしいっせい)
立憲民主党

  • 年齢:37歳
  • 新人
  • 職歴:元朝日新聞記者

元朝日新聞の記者。東京大学法学部卒業と高学歴でも有名。

政策はこちら

  • 情報公開で、公平・公正な政治を取り戻します
  • 国民の「知る権利」に応える報道機関や記者を応援し、政府による報道への介入を監視します。
  • 国会に行政監視の専門機関(日本版GAO)を設け、国会の、行政への監視機能を強めます。
  • 介護士や保育士などの皆さんの処遇を改善します
  • ハラスメントの無い社会を実現します。
  • 「選択的夫婦別姓制度」を実現し、ジェンダーギャップの解消を目指します。
  • SNS上でのいじめや、ヘイト、デマを防ぎ、誰もが安心して喋れる言論空間を守ります。
  • 性的指向はもちろん、国籍、性別などあらゆる差別の無い社会を目指します。
  • 「原発に依存しない東京」を実現します。
  • 消費税増税に反対します。

吉良佳子(きらよしこ)
共産党

  • 年齢:36歳
  • 現職:当選:1回
  • 職歴:共産党中央委員
    元印刷会社社員

東京選挙区の唯一の共産党立候補者。戦争や9条改正に強い反発を見せる事で有名。「集団的自衛権行使の容認」に反対するデモに参加していたのも記憶に新しい。

政策はこちら

  • ブラックな働かせ方ゼロへ
  • 学費無償化
  • 消費増税反対
  • 原発をゼロへ
  • 差別の撤廃

水野素子(みずのもとこ)
国民民主党

  • 年齢:49歳
  • 新人
  • JAXA職員
    元東京大学大学院非常勤講師

「宇宙かあさん」のニックネームで有名なJAXA職員。が、その本質はかなり優秀なお方。

JAXA入社後まもなく、国際宇宙ステーション(ISS)に関する条約の交渉を担当し、その批准作業のため1997~1999年の間外務省本省(国際科学協力室)にNASDA(National Space Development Agency of Japan・宇宙開発事業団)から初めての出向として国会対応や外交交渉実務を担当。

wikiより

このほかにも法務・コンプライアンス課長、航空産業協力課長などの数々の役職を歴任している。

政策はこちら

1 国民の安心を立て直す
(防災、介護医療、年金、エネルギー問題等)
2 労働者・女性・子どもを全力サポート
(子育て両立支援、教育充実等)
3 イノベーション × 産業競争力の相乗効果
(戦略的投資、規制緩和等)

公式より

関口安弘(せきくちやすひろ)
無所属

  • 年齢:67歳
  • 新人
  • 職歴:会社役員

元航空自衛官、建物管理会社役員。

2016年には東京都知事選にも立候補していたので、記憶にある方もいるのではないだろうか。

この方も毎日新聞のアンケートから抜粋します。

  • 憲法改正には賛成
  • 9条を改正し、自衛隊の明記をすべき
  • 消費増税には賛成
  • 年金や社会保障制度の維持は水準が下がっても止む無し(負担を増やすべきでない)
  • 原発は必要

佐藤均(さとうひとし)
安楽死党(安楽死制度を考える会)

  • 年齢:48歳
  • 新人
  • 職歴:IT関連会社役員
    元証券会社社員

安楽死制度を考える会の10人の候補者の1人。

それ以外の情報は皆無で、頼みの綱毎日新聞のアンケートにもまさかの回答なし。

政策は党の名前そのものでしょう。「NHKから国民を守る党」以来のパワーワード政党になりそうです。

朝倉玲子(あさくられいこ)
社民党

  • 年齢:60歳
  • 新人
  • 職歴:全国一般三多摩労働組合書記長
    元労働審判員

社民党が東京で掲げる立候補者。

にしてはホームページなどもなく、情報が少ないため選挙戦では劣勢気味。

政策は

  • 最低賃金を全国一律1500円に
  • 消費増税の凍結
  • 減税

音喜多駿(おときたしゅん)
日本維新の会

  • 年齢:35歳
  • 新人
  • 職歴:政治団体代表
    元東京都議会議員

ネットを中心とした積極的な情報発信が有名。ブログを365日更新することから「ブロガー都議」とも呼ばれる。

また、テレビ番組などにも都政の専門家として出演する事が多い。

政策はこちら

  • 情報は「原則公開」とする議会改革を推進
  • 都議会の税金のムダ使いを正します。
  • 小規模保育所の対象年齢の緩和、ベビーシッターへの税投入による利用支援、保育バウチャーの拡大などを実現
  • 児童相談所による新生児里親委託の促進や、里親委託率の目標数値の設定、民間の特別養子縁組との連携などで、すべての子どもたちに家庭が与えられる環境を整えます
  • 法人事業税の不適切な再配分は撤廃
  • ICT活用による行政の効率化や、オープンデータの利用促進
  • 「保育」と「療育」の壁を破り、医療的ケア児とその家族への支援を徹底
  • LGBT等のセクシャル・マイノリティに対する差別解消と権利向上の実現
  • 屋内を原則禁煙とする条例を検討するなど、受動喫煙対策を強力に推進
  • 表現の自由を守り、不健全図書の指定などは慎重かつ適切な運用を維持
  • 2020年までに都内展示場が劇的に不足する「ビッグサイト問題」の解決

七海ひろこ(ななみひろこ)
幸福実現党

  • 年齢:34歳
  • 新人
  • 職歴:幸福実現党広報本部長
    元情報システム会社社員

真の保守を志しているのが「幸福実現党」だとして今回の出馬。

その証拠に9条改正等には賛成、「国防軍」への転向もすべきと、現在の安全保障問題に一石を投じる発言も。

政策はこちら

  • 石油の8割が入ってくるシーレーンは台湾近海を通ります。軍事拡張する中国から台湾を守ることは、日本のエネルギー・生活を守ることと同じです。
  • 日米同盟強化と共に「台湾との国交回復」「日露平和条約の早期締結」を進め、中国・北朝鮮包囲網をつくります。
  • 憲法9条をはじめとし、憲法改正に動きます。
  • 「自由・民主・信仰」、そして正義を世界に発信できる日本に。
  • 税収増で財源をつくるためにも、消費減税、規制緩和、未来投資で経済を成長させます。
  • 賃上げを決めるのは政府ではなく企業です。「小さな政府」で経済への過度な介入をなくします。
  • トランプ減税のように、所得税・法人税の減税により、手取り賃金アップ、中小企業の投資を活性化!
  • 今の年金は経済成長で守る。次世代の年金制度は、積立方式への移行を。
  • 国内雇用と新産業を創出し、若者や女性、高齢者の就労機会を増やします。
  • 「働かせない改革」は見直し、自助努力により道を開く自由を!

横山昌弘(よこやままさひろ)
安楽死党(安楽死制度を考える会)

  • 年齢:76歳
  • 新人
  • 職歴:会社役員
    元東京都小金井市議会議員

元フジテレビの放送作家も経験。

政策は言わずもがな。

野原善正(のはらよしまさ)
れいわ新選組

  • 年齢:59歳
  • 新人
  • 職歴:運転代行アルバイト

れいわ新選組からの出馬だが、ご本人は創価学会員。

公明党の支持母体である創価学会員がれいわ新選組から出馬したいきさつは、沖縄の基地問題に端を発すし、野原氏が公明党と学会の改革を必要と認識したため。

政策はこちら

  • 消費税廃止
  • 最低賃金1500円(政府補償付)
  • 奨学金徳政令
  • 公務員増
  • 一次産業戸別所得保障
  • トンデモ法一括見直し
  • 辺野古基地建設中止
  • 原発即時廃止です。

西野貞吉(にしのていきち)
無所属

  • 年齢:83歳
  • 新人
  • 職歴:元陸上自衛官
    元タクシー運転手

政見放送が話題となってしまった方ですが、たどたどしくとも、たとえ伝わりにくくとも自分の思いを述べる人を笑う人間の気が知れません。

確かに御年83歳。国政の激務に耐えられるかは不安ではありますが……

政策はこちら

  • 憲法改正に賛成
  • 9条を改正し国防軍明記をするべき
  • 増税反対

大橋昌信(おおはしまさのぶ)
NHKから国民を守る党

  • 年齢:43歳
  • 新人
  • 職歴:元埼玉県朝霞市議会議員
    元運送会社社員

政策と党の名前が一致しているパワーワード党の立候補者。

過去にはSNS上で一般人に暴言を吐いたりと色々話題が尽きない人物。

政策は勿論。

大塚紀久雄(おおつかきくお)
諸派

  • 年齢:78歳
  • 新人
  • 職歴:不動産賃貸業

明治学院大学卒業と言う事以外は謎の人物part2.

政策はおなじみ毎日新聞のアンケートから抜粋。

  • 9条改正に反対
  • 消費増税延期、もしくは廃止
  • 原発の撤廃
  • 辺野古の埋め立ては即刻中止

野末陳平(のずえちんぺい)
無所属

  • 年齢:87歳
  • 元参議院議員:当選4回
  • 職歴:元参議院大蔵委員長
    元放送作家

所属事務所を転々とした「政界の渡り鳥」

ただそれだけに主張がコロコロと変わり、政治家当時は痛烈な批判を浴びる事もしばしば。

政策はこちら

  • 憲法改正には反対
  • 消費増税はやむなし
  • 原発は将来的に廃止

参議院選挙2019東京選挙区の情勢は?自民公明れいわ等どこが優勢?

定員6名に20名が立候補する首都東京。全国屈指の激戦区だけあって注目度も高いですね。

現在の情勢は

自民党の丸川珠代氏と、公明党の山口那津男代表、共産党の吉良佳子氏の3名が頭一つ抜けています。

自民公明ときて、共産党というのは意外な気もしますが、そこは東京。様々な人々が様々な地域から集まっているだけあって、考え方は柔軟で至ってシンプル。

誰が一番いいか?

これに限ります。

地方のように

「昔からこの地域は保守系が〜」

というのはあリませんね。

政党と言うより、人に投票するからこそ、ワンチャンスを狙って激戦区になってしまうわけですが…。

そんな激戦をリードする3人を追うのは、

自民党の武見敬三氏や、立憲民主党塩村文夏氏山岸一生氏、日本維新の会の音喜多駿氏らです。

国民民主党の水野素子氏や社民党の朝倉玲子氏は若干の向かい風。

山本太郎氏が衆議院選で大幅に票を獲得したことで注目を集めている「れいわ新選組」の新人野原善正氏も同様に向かい風。

れいわの票の多くが無党派層とみられるので、吉良佳子氏あたりに流れていると予想されます。

ただ、選挙戦はまだ続くので、これからの街頭演説やSNSなどの発信でガラリと戦況が変わる可能性もあります。

そう考えると、ネットでの選挙戦になれていない方は苦戦を強いられることになるでしょう。

とは言っても、参議院を4期も務めあげた野末陳平氏など、一筋縄ではいかなそうな方もいるので、今後の動向も目が離せませんね。

まとめ

今回は参議院選挙2019の東京選挙区について

  • 候補者一覧
  • 政策まとめ
  • 現在の情勢

をまとめてみました。

定数6を争う20名の候補者は、政党名で闘うというより、個々人の力で闘う状況です。

現在優勢なのは

  • 丸川珠代
  • 山口那津男
  • 吉良佳子

の3名です。

今後も随時追記していきます!

↓参議院選挙2019東京の関連記事はこちら↓
関連記事:参議院選挙2019大阪の立候補者一覧と公約!情勢は維新と自民公明どっちが優勢?