失笑の意味を間違ってる?勘違いされやすい本当の使い方を例文で解説

言葉というものは長い時をかけて使われていくうちに

読み方だったり、意味だったりが変化していくものです。

例えば、失笑というワードが、本来は

こらえきれずに吹き出してしまう

という意味だということをご存知でしょうか。

時代とともに意味が変化していく事に異論はありませんが、

それでも折角使用するなら、

一応正しい意味で使用したいじゃないですか。

ということで、今回は誤用が多い

失笑

という言葉について

  • 本来の意味
  • 誤用されている理由

などを調べてみました。

大事な場面で間違えて使用して

「失笑」されることのないように気をつけましょう

失笑の使い方は間違えられやすい?本当の意味や使い方は?

皆さん失笑と聞くとどんなイメージを持っていますか?

呆れて笑いも出ない

というイメージの方が多いかと思います。

事実、過去に文化庁が調査した内容によると

6割を超える人が上記のように

呆れて笑いも出ない

という意味で回答しています。

ですが、本来の意味は真逆で

こらえきれず吹き出してしまう

というのが正しい意味なんです。

なので正しい使い方は、

彼のちぐはぐな格好に失笑してしまった。

先生が板書する姿がクセがすごすぎて失笑してしまう。

という感じでしょうか。

笑ってはいけないのであるけれど、思わず笑ってしまう。

そういう状況で使用するのがベストですね。

かの有名な文豪、芥川龍之介も著書「毛利先生」の中で、

流暢に英語を話す先生が、日本語訳を読む際、途端にたどたどしくなる様に、

周囲の生徒たちが笑いを漏らす場面を

先生がそこを訳読し始めると,再び自分たちの間には,そこここから失笑の声がおこり始めた。

出典:芥川龍之介「毛利先生」

と記しています。

声が起こり始めたという風に、笑い声が上がっている様がよく分かるかと思います。

失笑の語源を知れば本来の意味に納得できる?

 

失笑の正しい意味を理解するには、

失笑の語源を説明すると良くわかります。

失笑に使われている「失」という文字。

これには

  • なくす
  • うっかり
  • あやまり

と言った意味があります。

失笑では、このうちの

うっかり

という意味がかかっています。

同じような言葉で言うと

  • 失言
  • 失火
  • 失禁

などがありますね。

どれもこれも、

やってはいけないことを、うっかりしてしまう。

という意味合いだということはご存知かと思います。

失笑もこれらの仲間で、

笑っては行けないような場面で、

思わず吹き出してしまうことを

失笑と言います。

失笑の意味が間違われているのはなぜ?「失笑を買う」の意味や使い方のせい?

語源を見ていただければ、

逆に間違えにくい気がするのですが、

そうはいかないのが、この「失」という文字のいやらしいところです。

「失」には

うしなう

という意味もあります。

これがかかる言葉に

  • 失望
  • 失恋
  • 失業

などがあり、これらは正しく

〇〇を失った。というそのままの意味として使用されています。

そのため失笑という熟語も

笑いを失った=笑えないほど呆れてしまった

というふうに捉えられていることが一つの要因でしょう。

慣用句の使い方にも原因がある?

「失」という言葉が持つ意味の他にも、

失笑という熟語の使われ方にも要因の一つがあります。

失笑という言葉は、単体での仕様のほか

  • 失笑を買う
  • 失笑が漏れる
  • 失笑が広がる

などという慣用句で使用される事もままあります。

特に「失笑を買う」というワードはよく聞くのではないでしょうか。

失笑を買うという慣用句の意味は

愚かな愚行をして笑われる

という意味です。

馬鹿な事をして、思わず吹き出されている。

という状況が、まさに「失笑を買っている」のですが、

ここにはある種の「呆れ」が含まれている事が常です。

だって、笑ってはいけない状況で、

馬鹿なことをしている人を笑う場合には

少なからず「呆れ」の気持ちが混じってしまうでしょう。

馬鹿なことをしている人に思わず笑ってしまう時に

「いやー、お前めっちゃおもろいやんww」

とはなりませんよね。大体は

「お前ほんまアホやなww」

ってなるかと思います。

このことから「失笑を買う」という状況に

少なからず呆れている姿が連想されてしまい、

結果として失笑という言葉に「呆れ」という意味が

付随したのだと推察されます。

また、似たような使い方で

  • 失笑を禁じ得ない
  • 失笑が漏れる

という使い方もあります。

どちらもちょっと「小馬鹿にした」意味合いに取れるため

上記の「失笑を買う」の呆れた様子も重なり

失笑=小馬鹿にする≒呆れる

という構図が出来てしまったのだと考えられます。

ちょっと馬鹿にした笑いが、似たような「呆れ」に結びつき

「失」の持つ意味が「うしなう」

という意味に誤解されてしまい、

失笑=呆れて笑えない

と誤用されるようになったというのが最終的な推察です。

「失笑を買う」の正しい使い方や例文は?

私のせいで諸悪の根源のようになってしまった

失笑を買う

というワードですが、しっかり正しい使い方を例に出すことで

供養したいと存じます。

シーン1:会議中にトンチンカンな発言をし、場を和ませたと勘違いしている同僚に対して

お前の的外れな意見は失笑を買ってたよ。

シーン2:真っ昼間のパーティーにタキシードで現れた別の友人に対して

お前さ…その格好じゃ失笑を買うぞ?

(注:タキシードは元々ディナースーツと呼ばれ夜間に着用するのがルールです)

いかがでしょうか。

基本的に「失笑を買う」=「笑われるぞ」のように使用していただければいいと思います。

笑わせると笑われるの違いはご存知の通り、

やはりどこか「小馬鹿」にした意味合いが含まれてしまいますね。

なるべくなら「失笑を買わない」人生を歩みたいものです。

失笑の本当の意味や使い方のまとめ

今回はよく聞く「失笑」という熟語についてまとめてみました。

殆どの方が思っている

呆れて笑いも出ない。

という意味ではなく、

思わず吹き出してしまう。

という意味でした。

一見すると真逆にも近い状態でしたが、

その実、その漏れ出た笑いには「呆れ」であったり

「小馬鹿」にしたようなニュアンスが含まれていることが往々にあります。

そのせいで「失」という言葉のもつ意味が間違えられてしまい、

失笑=笑いを失う=呆れて笑えない

と誤用されることになったのだと推察します。

失笑されることがないのが一番ですが、

もしそういった場面にでくわしてしまったら、ぜひ

「ちょー、失笑せんといてーや」

と言ってみて下さい。

「いや、笑ってたやん」

って答えられたらぜひ

「え?失笑の意味も知らんとか失笑するわ、プークスクスww」

と答えてあげて下さい。

多分失笑という言葉か、友情ががゲシュタルト崩壊するかと思いますが、

当ページはその責任を一切負いませんので悪しからず。