NO IMAGE

工事業者職務質問は回避できないのか?職務質問の正しい知識と受け答えかたとは?

こんにちは、椎木です。

東京のとある工事業者の方が、仕事終わりに職務質問を受けてそのまま警察署で拘束されたとして、都を訴えている事がニュースになっていますが、確かに原告の方の話を聞く限りでは、かなり悪質な職務質問にあったように思えます。

工具を持つことが普通である工事業者の方においては、こんな職務質問が横行するようでは正直おちおち車で休憩も出来ないでしょう。

そこで今日は

  • 職務質問を回避する方法はあるのか
  • 職務質問の正しい受け答え方

についてまとめてみました。

付け加えておきますが、基本的に多くの警察の方が私たちの生活を守るために、職務質問を行ってくれているという事だけは覚えておいてください。

職務質問は回避できるのか?

よく職務質問なんかのニュースで、

「任意」なんだから無視したらいい。

という意見などを聞きますが、本当にそうなのでしょうか。

職務質問は無視できる?

警察官が行う職務質問は、警察官職務執行法2条1項にその根拠が書かれています。

2条1項

警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又は既に行われた犯罪について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知つていると認められる者を停止させて質問することができる

しっかりと停止させて質問する事が出来ると明記されています。

では、なぜ「任意」だと言われているのでしょうか。

その根拠は続く3項のある文章に見て取れます。

2条3項

前二項に規定する者は、刑事訴訟に関する法律の規定によらない限り、身柄を拘束され、又はその意に反して警察署、派出所若しくは駐在所に連行され、若しくは答弁を強要されることはない。

職務質問はよく「任意」だと言われる理由がこの一文の為ですね。

ですが警職法上の「任意」とは「強制ではない」という意味にすぎません。

「何言ってんだこいつ……」と思われた方、少しお待ちください。確かに「強制」でなければ「自由=任意」と思いがちなのですが、ここで言う「強制」の意味をもう少し掘り下げてみましょう。

ここで言う「強制」とは、判例上、個人の意思を制圧して権利利益を制約することです。

つまり個人の意思が制圧されているか否かが、強制かそうでないかを分ける重要な基準となります。

個人の意思が制圧されるような場合と言うのは、例えば羽交い絞めにする、上着やカバンを無理やり奪い取りそのポケットや中身を検める。と言った事が挙げられます。

さて、話は戻って、ここでの「任意」の意味を思い出してみると、「強制ではない」が任意の意味でした。

つまり、個人の意思を制圧しないようなもの、例えば立ち去ろうとする人の肩を軽くつかんだりすること、前に立ちふさがること、手荷物のチャックを開ける程度のことは強制ではない、すなわち「任意」ということになります。

それらの行為が「任意」とされることは、我々の「任意」という言葉に対する感覚からするとかなり違ってきます。

このややこしい「任意」の意味のせいで、

職務質問は「任意」だから無視したらいい

等と言う無責任な発言が跋扈するのを許している状態です。

つまり職務質問を受けたら最後、無視は出来ません

職務質問は回避できるのか?

職務質問は先述した通り、警察官が「不信」だと思えば出来る物です。つまりその場にそぐわない人や、挙動不審だったりする場合は職務質問を受けてしまう可能性が高くなってしまうでしょう。

職務質問に合わないためには、常日頃からそういった事をしていないか、振り返ってみるのもいいかもしれません。

工事業者が狙われるのはなぜ?

これは実際難しい問題で……

私たちの暮らしを支えてくれている各種工事業者の方々は、その仕事の性質上、工具を持ち歩くことが常です。

そこに目を付けた工事業者を装った窃盗犯がいる以上、警察としても声をかけないというわけにはいかないでしょう。

今回問題になったのも、夜のコンビニの駐車場との事。

そんな時間に工事業者?と疑われた可能性は否めません。

勿論急を要する工事だったりすれば、夜中でも出張される方もいらっしゃるでしょうし、この辺は一律「良い」、「ダメ」と線引きするのが難しいところですね。

警察としても、事件を未然に防ぐのが最大の目的でしょうし、少しでも違和感があれば声をかけるのは通常の業務の範囲内だと思った方が無難です。

ただ、だからと言って冒頭にあったような横暴が許されるわけではありませんが。

職務質問の正しい受け答え方は?

普通に生活していても、あってしまう事のある職務質問。

事実私も、人生で片手では済まないくらいの回数は「職質」を受けてます。

一時期多かったのが、自転車盗難が横行していた時期に、同じような自転車に乗っていた時などは、家から会社までの間に2度も受けた事があります。

特にやましい事がなくても受けてしまった場合、どう対応するのが一番いいのでしょうか。

応じなければ応じないほど警官のやれることが増える

さきほど「任意」の意味を確認しましたが、警察官は職務質問で帰ろうとする不審者をその場にとどまらせる程度のことは基本的にできることは分かりました。

とは言っても、「強制」でなければなんで出来るというわけではありません。

判例は、「任意」であっても権利の制約は相当性が認められる範囲でしかできないとしています。

じゃあ、さっきも受けたばっかだし、腹立つから協力は最小限にしたるわ!

としてしまっていいのでしょうか。……答えは否です。

この相当性ですが、不審事由が高まれば高まるほど、不審者の権利制約ができるようになります。

つまり、警察からの質問に応じなかったり、理由もなく荷物の開示を拒否したりすればするほど、自分の立場は悪くなっていきます。

職務質問には素直に応じるのが原則

最も早く解放されるには、職務質問に素直に応じることが一番です。

所持品検査を求められても、抵抗せずに鞄の中身を素直にみせるのが一番早いです。

一日に二度あった私も、「えー?さっきも会ったんだけど?」と言いながらもしっかりと鞄の中を見せ、本当に1分くらいで、「すみません、ご協力感謝します!」

と笑顔で解放されました、。何もなければ警察官はあっさりと解放してくれます。

絶対にしてはいけない事は?

仮に鞄の中にエッチなDVDなどが入っており、見せるのが躊躇われる場合など、所持品検査を拒否せざるを得ない人もいるかもしれません。

そういった場合、立ち去ろうとすると、警察官の制止を受けることが殆どだと思いますが、その時に警察官の身体に触れたり、手を振り払ったりしてはいけません。

場合によっては公務執行妨害で現行犯逮捕という恐れが少なからずあるからです。

出来れば見せる事がいいのですが、どうしても見せたくない場合は、長期戦覚悟でお願いします。

まとめ

今回は工具を所持していただけで連行された工事業者の方の事件を受けて、

  • 職質は回避できるのか
  • 職質の正しい受け答え

についてまとめてみました。

結果として、職質はなるべく受けないように、日ごろから気を付ける以外方法はなく、受けてしまえば、素直に応じるのが一番手っ取り早いと言う事が分かりました。

冒頭にも言いましたが、多くの善良なる警察官が、沢山の「職質」を行う事で、その中から少なくない犯罪者を検挙し、我々が安心して暮らせるようにしてくれています。

仮に職質に合うような時があれば、安全を享受している見であると言う事を思い出して、素直に受けるようにしてみてください。

拍子抜けするくらい早く終わるので。

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。ではまた次のニュースで。