春風亭昇也のはどんな落語家でその実力は?高座の様子や人気を調査!

こんにちは、椎木です。

国民的ご長寿番組である「笑点」で円楽師匠の代打として出演される

春風亭昇也さん

一体どんな落語家なのか気になったので、プロフィールや高座の様子はては人気まで調べてみました!

春風亭昇也はどんな落語家?プロフィールと経歴を紹介!

春風亭昇也さんのプロフィールと経歴はこちら

本名 松本 和也
生年月日 1982年6月18日(37歳)
出身地  日本・千葉県野田市
師匠 春風亭昇太
活動期間 2008年 –
階級 二ツ目
所属

落語芸術協会

御年37歳と笑点メンバーの平均年齢65.1歳と比べるとかなりお若い人ですね。

一番若い二代目林家三平師匠が48歳ですが、それより11歳も若いです。

師匠は司会を務める春風亭昇太師匠。

司会に師匠が座るというのは、平成初期の楽太郎さん(現6代目円楽師匠)と当時の円楽師匠のような感じでしょうか。

階級は「二ツ目」。

これは「真打」から一つ下の階級になりますね。

「二ツ目」が笑点メンバーとして大喜利を披露するのは、1985年に当時の桂才賀さんが真打昇進を果たして以来なので、実に34年ぶりという事になります。

春風亭昇也さんは落語芸術協会の二ツ目11人で編成されたユニット「成金」のメンバーでもあります。

毎週金曜日にミュージックテイト西新宿店で開催されている自主公演が由来です。

週ごとに講談師4人が入れ替わり、講談師は4人ですが木戸銭は1000円とかなりお手頃に設定されています。

落語初心者にも気軽に参加できる設定ですね。

年末には大成金といって全メンバーが出演する豪華な講座も催されています。

※毎週開催されている「成金」はメンバーから「真打」が登場した時点で終了すると宣言されており、柳亭小痴楽の真打昇進前日となる2019年9月20日をもって、毎週金曜日開催の自主公演「成金」は終了する事が決定しています。

ただ大成金については現在継続の方向で調整中です。

春風亭昇也の実力や人気は?

 

若手落語ユニット「成金」に所属。

BS日テレの「笑点特大号」では若手大喜利にメンバーとして参加。

と、精力的に活動されている春風亭昇也さんですが、実力や人気の程はどうなのでしょうか。

そんな春風亭昇也さんの高座はこんな感じです。

私は面白いと感じた春風亭昇也さんの実力ですが、落語をあまり聞かない私からしたら

技術的な部分などはいまいちわかりません。

ですが、2018年に

彩の国落語大賞

という賞を受賞されています。

この賞ですが、過去には

  • 林家たい平
  • 柳谷花緑
  • 立川志らく
  • 立川談春

といった方々や他にも名だたる落語家が受賞されている賞です。

この受賞について春風亭昇也さんは

「ラッキーパンチ」

と仰っていましたが、受賞者を選ぶのはお客さんなので、間違いなく実力の高さゆえでしょう。

そのごも受賞記念での独演会を成功させていたりと、その人気も実力も折り紙付きのようです。

また、浅草では大喜利の司会を代打で務めあげるなど、高座以外にも高い実力を見せています。

春風亭昇也のはどんな落語家でその実力は?高座の様子や人気を調査!のまとめ

こんかいは、円楽師匠のピンチヒッターとして「笑点」へと出演される

春風亭昇也さんについて

  • どんな落語家なのか
  • 人気や実力

について調べてみました。

現在「二ツ目」ではありますが、その人気も実力もかなりのもので、しばらく笑点に新しい風を吹かしてくれるであろう人ですね。

そのうち中々チケットが取れない。

なんて人気落語家になるかもしれませんね!