NO IMAGE

東邦・石川昂弥(いしかわたかや)のwikiプロフィールや出身中学は?弟や両親など家族についても調査!

こんにちは、椎木です。

春のセンバツ甲子園もついに終わりましたね。開幕前から注目されていた選手も沢山いる中、優勝旗をもぎ取ったのは愛知県代表の東邦高校。

今日はそんな東邦の石川昂弥(いしかわたかや)選手について

  • プロフィール
  • 出身中学校
  • 弟さんや両親

について調べてみました。

決勝戦でも大活躍だった石川選手、とても気になります!

石川昂弥のwikiプロフィール

石川選手は2001年生まれの現在17歳。東邦高校の3年生です。

身長185㎝に体重81㎏と、アスリートさながらの恵まれた体格を持っています。……最近の子は大きいですね。

右投げ右打ちで、今大会ではエースとして活躍していました。

野球を始めたきっかけはお父さんも東邦高校で野球をやっていたからだそうで、

小さい頃からボールやバットを握り、小学2年生からチームに入ったのとことです。

憧れの野球選手は松井秀喜さんだとの事です。

石川昂弥の出身中学は?

そんな石川選手の出身中学ですが、

そんな中学時代は野球部ではなく、愛知知多ボーイズというチームに所属していました。

愛知知多ボーイズ在籍時にNOMOジャパンのアメリカ遠征を経験しており、早くから大舞台での活躍をしていたことが分かりました。

石川昂弥の評価は?

今大会ではエースで3番を務め、その長打力とミート力からチームの勝利に多大な貢献をしていましたね。

ポジションは投手ですが、実は2年時のセンバツでは4番サードを務めるほど打撃にも定評があります。

決勝での先生ツーランも記憶に新しいですね。

投手・打者に加えキャプテンをつとめる三刀流とも言われるその活躍は、同じ高校の先輩で現在中日ドラゴンズにも所属している藤嶋健人選手を彷彿とさせるものがあります。

そのためプロからの注目度も高く、2019年のドラフト候補にも挙がっているとか。

石川昂弥の弟は?

こんなプロも注目の石川選手ですが、どうやら弟さんがいるようです。

弟さんも野球をしているらしく、休日が続く時は兄弟水入らずでキャッチボールやゲームをして遊ぶのだとか。

とても仲のいい兄弟みたいですね。

そんな石川選手の弟さんは現在中学1年生。

過去には(2017年)中日Jr.で5番として活躍していた石川瑛貴(てるき)捕手だそうです。

瑛貴選手も当時は猛打で活躍したとの事なので、兄弟そろってスラッガーと言う事になりますね。

将来が楽しみな兄弟です。

石川昂弥の両親は?

石川昂弥選手のお父さんは、実は東邦高校の野球部OB。

当時は捕手を務めていたそうですが、お父さんは東邦高校時代ベンチ入りができなかったとのことです。

現在は自動車関連会社(ネッツトヨタ)に勤務していているようです。

石川昂弥選手のお母さんは、やはり東邦高校の出身で、お父さんとは1学年下の後輩にあたり、東邦高校野球部のマネージャーをされていたということです。

野球部員とマネージャーですか……なんともうらやま……。

そんな野球好きのご両親だったからこそ、石川選手や弟さんのような選手が育ったのかもしれませんね。

まとめ

今回は第91回センバツ優勝でわく東邦高校のエースでキャプテンの石川昂弥選手について

  • プロフィール
  • 出身中学や評価
  • 家族

について調べてみました。

野球好きの両親に育てられた、プロ注目のスラッガー、弟さんにもその片鱗が見える。と言う事が分かりました。

今後夏の甲子園をはじめ。近いうちにプロとして再び私たちに興奮と感動を届けてくれることを期待しています!!

それでは今日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございます。

ではまた次のニュースで。