NO IMAGE

タイバニ(TIGER&BUNNY)のアニメ続編2期はいつ頃放送?新作となる今回のストーリーも予想!

TV NO IMAGE

2011年に放送されて当時大人気を誇ったアニメ、タイバニことTIGER&BUNNY。

今回はその続編について、脚本担当である西田征史さんによる情報をうけて、

  • 続編の放送時期
  • ストーリーはどうなるのか

について調べつつ予想を立ててみました。

あの放送から長い期間待たされた一ファンとして、今から楽しみでなりません。

タイバニ( TIGER&BUNNY)とは

タイバニことTIGER&BUNNYは2011年4月から9月までの2クールで放送されたアニメです。

制作は あのガンダムや銀魂で有名なサンライズ。

個性豊かな特殊能力者「NEXT」がヒーローとして平和を守っている近未来的な街を舞台に、落ち目のベテランヒーロー・ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹と、生意気なスーパールーキー・バーナビー・ブルックスJr.のコンビが、他のヒーローたちと共に活躍する姿を描いた「バディもの」のアニメ作品。作中におけるヒーローたちは、すべてスポンサーの援助を受けてヒーローとして活躍しているという設定に基づき、放送以前から実際に各企業向けにヒーローたちのスポンサーを募集するという商業展開が行われている。また、プロダクトプレイスメント以外にもテレビ本放送時には、毎回各キャラクターにちなんだタイアップCMが放送された。劇場版ではスポンサーをプレイスメントとしている。

wikiより

昨今の漫画やラノベと言った原作ありきの作品とは違い、脚本の西田征史氏によるオリジナルストーリーであり、個性あふれるキャラクター達の性格も一から西田氏が考えたそうです。

タイバニのあらすじは?(1~13話まで)

そんな人気作品のタイバニの前期のあらすじを紹介します。

ちょうど1クールごとで区切りがいいので、まずは13話まで。

そこはNEXT(ネクスト)と呼ばれる特殊能力者がいる世界。

そんな世界の大都市・シュテルンビルトでは、スポンサー各社との契約下でその能力を駆使し、街の平和を守るNEXTによって構成された、ヒーローたちが存在します。

ヒーローたちの活躍は専用の特別番組『HERO TV』というもので中継され、その年の「キングオブヒーロー」の座を巡るランキング争いを続けています。

そんなヒーローたちの中に、デビューから10年が経ち最盛期を過ぎ、人気もないものの、地道にヒーローとしての活動を続ける男が一人。ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹。

ある日、虎徹の所属会社がヒーロー事業部の売却を行ったため、ヒーロー事業に新規参入を果たしたアポロンメディアに再雇用されてしまう虎徹。

再雇用されたはいいものの、ヒーロー界初となるバディ・ヒーローという会社の方針により、自分とまったく同じ特殊能力を持ちながらも、まるで正反対の性格を持つスーパールーキー、バーナビー・ブルックスJr.とコンビを組むことになってしまいます。

ヒーローとしての信念を掲げる虎徹と、あくまでポイントを稼ぐために働くバーナビー。

正反対の2人は当初こそギクシャクしていましたが、他のヒーローたちとの交流や協力、犯罪者に死の制裁を加えるダークヒーロー・ルナティックとの戦いを通し、信頼関係を築いていきます。

そんな順調に見える二人の影に、怪しい影が降ります。それが 謎の組織「ウロボロス」 。

バーナビーにとって、両親のブルックス夫妻を殺害した仇とも呼べる組織であり、彼がヒーローになった真の目的でもあります。

1クール目ではそんなバーナビーの仇と彼らの戦いを軸に物語が動いていきます。

タイバニのあらすじは?(14話~25話まで)

ここからは2クール目。前回の事件から10か月後のお話になります。

虎徹とバーナビーが人気を博すなか、能力の減退を起こしていた虎徹は悩んだ末に引退を決意します。

そんな折、ブルックス夫妻の殺害の犯人だと目されていた人物にアリバイがあると言う事が明らかになりました。

終わったと思われていたバーナビーの復讐が未だ終わっていませんでした。

終わっていない復讐、バディの引退、問題はそれだけに留まらず、バーナビーは両親殺害時の記憶の齟齬に苦しめられることになります。

そんな問題と、隠されていた真実に迫りながら2クール目は進んでいきます。

問題を抱えた2人は果たして隠された真犯人を捕らえることが出来るのか?

目的を果たしたバーナビーと、能力が減衰してしまった虎徹は今後はどうなるのか……?

タイバニの1期はHuluにて公開中です。

無料期間中に解約したら、一切お金はかかりません。

タイバニの2期はいつ?

西田征史氏からの情報を整理

そんな続編の待ち望まれるタイバニですが、2018年1月に新アニメシリーズプロジェクト始動の発表がありました。

それからおよそ1年。つい先日(2019年3月29日)脚本担当である西田征史氏が、自身が出演するラジオ最終回にて、タイバニ2期へ言及しました。

要約すると

  • 現在タイバニ2期の脚本を書いていて半分ほどが出来上がっている。
  • 実は4~5年前に2期全25話の構想を作っていたが、一時中断していた。
  • 今はその時中断したものではなく、新たにブラッシュアップして制作している。
  • まだタイバニ2期について、公式Twitterなどでの動きはない段階

2018年のあのアナウンスから特に何も進展がなかっただけに、今回の子の発表に歓喜した方は多かったのではないでしょうか。

しっかりとプロジェクトは進んでるようで一安心です。

情報から2期開始の時期を予想

嬉しい情報ではありましたが、今はまだ脚本が半分ほど出来た状態との事。

脚本が出来てから絵コンテやアニメーション制作などが行われるでしょうし、今はまだ始まった段階。

公式Twitterの動きもないと言う事なので、実際の放送は1年後くらいになるかと思います。

2020年の1月~のクールが可能性が高そうですね。

ただ2クール分あるので、前倒しで2019年の9月~と言う可能性もあります。

もう脚本が書かれている事や、一度目の発表から1年以上経過している事から、流石にそれ以降と言う事はないかと思います。

早くて2019年9月~遅くとも2020年の1月~になるのではないでしょうか。

ですが、長年待たされたファンからしたら、数か月程ずれ込もうとも、あのクオリティを再び見せていただけるのなら、全然待てるかもしれませんね。

タイバニ2期のストーリーはどうなる?

タイバニ2期のストーリーに関して、今のところディザーサイトすらないという中々にクローズドな状況です。

前回の終わりで一応ヒーローとして復帰した2人。

その後の映画タイバニ「ライジング」では紆余曲折を経てしっかりとコンビとして再始動しています。

折角ヒーローとして、コンビとして復帰した2人ですし、前作でさんざん謎を引っ張った「ウロボロス」については確実に核心にしまってくれるでしょう。

前回の黒幕は結局ただのトカゲのしっぽでしかなかったので、流石にこいつらとの決着は付けて欲しいですね。

あとは孤高のダークヒーロー「ルナティック」がどうなるのかも見ものだと思います。

自身の正義を貫き、それに従い行動しつつも、ヒーローたちと触れ合う事で少しずつ変化が見え始めた「ルナティック」がどう変わるのか、はたまた、彼の強い信条は揺るがぬままなのか。

また新しい情報がありましたら逐一更新していきます!

まとめ

今回はタイバニの2期についてまとめてみました。

放送時期の予想としては

2019年9月~かもしくは、2020年の1月~

気になるストーリーについては今後情報があるたびに更新していこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

タイバニの2期放送前に、1期をHuluにておさらい!