ツグエダユキエの経歴は?安倍昭恵愛用のファッションブランドを調査

  • 2019年10月23日
  • 2019年10月24日
  • 未分類

ツグエダユキエの経歴

私が無知なだけなのでしょうが、ツグエダユキエと言うデザイナーを初めて聞きました。

少し調べてみると

日本では数少ないオートクチュリエールとして活躍されており、その作品のグレードは他の追随を許さず

日本発信の最高質のハイファッション

と海外での評価は高い方です。

かなり気になってきたので、経歴を調べてみたのですが

  • 武蔵野美術短期大学卒業
  • デザイナーズブランドのチーフデザイナー(どのブランドかまでは分かりませんでした)
  • パリ遊学
  • 株式会社継枝幸枝を設立(設立はなんと昭和58年)
  • 完全予約制のオートクチュリエールアトリエサロンを開設

とざっと挙げるだけでも、根っからのデザイナー、ファッショニスタですね。

 

短大在学時にP・カルダン/ハファッション賞を始め、数々のファッションデザインコンテストに連続入選するなど、この頃から才能の片鱗を見せています。

才能に目を付けた、その道のプロから立体裁断を学び、独自の技法を確立するまでに習熟されています。

その立体裁断の妙が、昭恵夫人の大きなベルスリーブに現れていたのでしょう。

 

チーフデザイナーを経て、パリへ遊学など、様々な経験と知識をベースに、日本では数少ないオートクチュール(オーダーメイド、一点物の高級服の事)のアトリ、

(株)継枝幸枝

を設立されています。

昭和58年から経営されているという事なので、35年以上続く、由緒あるデザイナーブランドですね。

 

ご自身の会社の長さだけでなく、継枝幸枝さん本人のデザイナーとしての経歴も

1986 第25回ピエールカルダン・ハイファッション賞入選(2年連続)
1990 東京コレクションに参加。以後4回発表後、runway show形式を停止。
1993 第30回生理人類学シンポジウム:パネリスト&公演 at.実践女子大学
1996 Yukie Ttsugueda collection 発表
2002 都内有名百貨店「管理職研修セミナー」:特別講師
2003 百貨店プロセールス資格制度「fitting advisor講座」:特別講師(継続)
2003 東京ファッション専門学校研究科:特別客員講師(継続)
2003 青山学院大学国際政治経済学部:特別講演
2004 “Tsugueda/Les Revuette/morioka”
・・・顧客をモデルにしたファッションショー発表(至10回)
2009 ファッションカレッジ桜丘:講師

出典:ツグエダユキエ

一見するだけでかなりの功績だけでなく、後進の育成にも力を注いでいらっしゃる、凄い方ですね。

 

今現在おいくつなのかは分かりませんでしたが

短大を卒業後(20歳)

チーフデザイナー(5~6年くらいかな)

パリへ遊学し(2~3年くらいかな)

会社を昭和58年に設立している(36年前)

なので現在65歳くらいでしょうか。(完全に予想です

 

ちなみに旦那さんなど家族の存在は明らかになっていませんが、姪御さんがいらっしゃる事がわかっています。

URCRAFT(ウルクラフト)と言うブランドでリースなどのデザインを手がけていらっしゃって、現在は八丈島にアトリエを構えていらっしゃいます。

 

ツグエダユキエにはウエディングドレスの実績もありますし、もしかしたらどこかで姪御さんのリースとコラボされた方がいらっしゃるかもしれませんね。

NEXT PAGE:ツグエダユキエと昭恵夫人の関係は?