フッ化水素輸出規制制裁で韓国はどうなる?国内海外の反応は?

※2019年7月2日韓国国内の反応を追記しました。(今後も追記予定です)

こんにちは、椎木です。

徴用工問題に対する日本政府の対応がようやく始まりましたね

徴用工に対する規制ではなく、安全管理上の観点からの輸出管理でした。

実際タイミング的に徴用工問題に対する規制のようになってしまいましたし、各媒体および韓国国内でも

「徴用工問題に対する報復」

のような初期報道がなされていたために、乗っかってしまいました。

間違った情報をお送りしたことをお詫びいたします。

気を取り直して、安全管理上の理由から「ホワイト国」除外も視野に入れつつ、

第一弾としてフッ化水素の輸出管理を発表しましたが、今回はこの対で

  • 韓国にどのような影響を与えるか
  • 海外や国内の反応

を調べてみました。

フッ化水素輸出規制で韓国はどうなる?サムスンやLGへの影響は?

そもそも今回輸出規制されるフッ化水素とはそういった物かと言うと

名前の通り水素とフッ素からなる無機化合物で、主な用途は

フッ化物やフロンガス、フッ素樹脂の製造原料、ガラスの彫刻、電球・ブラウン管のつや消し、金属の洗浄、鋳造物の洗浄、半導体物質のエッチング剤等に充てられます。

特に韓国では半導体物質のエッチング使用されそのほとんどを日本産のフッ化水素を使用しています。

政府は、韓国への輸出管理の運用を見直し、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われるフッ化ポリイミドや、半導体の製造過程で不可欠なレジストとエッチングガス(高純度フッ化水素)の計3品目の輸出規制を7月4日から強化する。いわゆる徴用工訴訟をめぐり、韓国側が関係改善に向けた具体的な対応を示さないことへの事実上の対抗措置。発動されれば、韓国経済に悪影響が生じる可能性がある。7月1日に発表する。

政府は同時に、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度「ホワイト国」から韓国を除外する。7月1日から約1カ月間、パブリックコメントを実施し、8月1日をめどに運用を始める。除外後は個別の出荷ごとに国の輸出許可の取得を義務づける。ホワイト国は安全保障上日本が友好国と認める米国や英国など計27カ国あり、韓国は平成16年に指定された。

輸出を規制する3品目は、いずれも軍事転用が容易だが、これまで韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。日本政府はこれを7月4日から契約ごとに輸出許可に切り替える。許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。

フッ化ポリイミドとレジストは世界の全生産量の約9割、エッチングガスは約7割を日本が占める。世界の半導体企業は日本からの輸入が多く、急に代替先を確保するのは困難とされる。規制が厳しくなれば、半導体大手のサムスン電子や薄型で高精細なテレビで先行するLGエレクトロニクスなど韓国を代表する企業にも波及するとみられる。

いわゆる徴用工訴訟に関する韓国最高裁判決をめぐり、日本側は日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を求めたが、韓国は問題解決に向けた対応策を示さないため、日本政府が事実上の対抗措置に踏み切った。経済産業省は一連の輸出規制について「日韓関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況で、信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっている」と説明している。

ニュースにもあるように、今のところ禁輸ではなく輸出管理という状況なので、完全に生産がストップするようなことはないでしょうが、それでもその多くを日本に頼っている状態では生産が滞ると見るのが普通のところでしょうか。

ただ、気を付けなければならないのは、フッ化水素やエッチングガスの占有率は100%ではないと言う事です。

残りの10~30%は他国がシェアを持っており、勿論その技術も持っています。

日本のこの決定が他国に漁夫の利を与えるだけになる可能性はわずかながら残っていると考えた方が無難でしょう。

安全管理上の理由からの輸出管理なので、それを無視して輸出する国があったらたまげますが……。

フッ化水素輸出管理に対する国内海外の反応は?

ちなみにこのフッ化水素の輸出管理は以前から実しやかに囁かれていたもので、まだ発動の発表前での韓国国内の反応は、

「韓国政府もフッ化水素製造メーカーを作るべき」


「サムスンが半導体を生産できなくなったら、日本の電子企業も終わる」

「輸出停止にすればいい。いつかは韓国も開発するので日本の市場はなくなる」


「いいことだ。この機会にフッ化水素供給を多様化したり、国産化すればよい。対抗として日本の輸入品を関税で叩け。対日赤字をこの機会に正そう。」

https://takiro-pj.com/talent/hukkasuiso_korean

概ね「やれるものならやってみろ」

と言った内容が多くみられました。

で、実際やれるものならやってみろで来月(7月4日)から発動される訳ですが、

その発表を受けての反応は以下に。

※現在分かっている範囲で反応をまとめます。(翻訳サイトに突っ込んでの翻訳になるので、一部日本語がおかしい部分はご了承ください。)

私たちも日本車の輸入直ちに規制して、日本の旅行禁止させろ。 高純度フッ化水素は、すでに韓国で生産するので、すぐに代替しながら この際、日本とは全く線を引きなくて 残りも海外その他の国での代替輸入だろうし。


国内の半導体企業、フッ化水素代替輸入買物中


フッ化水素90%が日本産…輸入が中断される韓半導体致命的


半導体洗浄剤として使われるフッ化水素90%を日本から輸入。戦略品目に指定されているというのに、日本政府が輸出不許可と… 様子見だね。

日本徴用者の賠償判決が最終的には、最悪の結果をもたらした。


フッ化水素の生産は、高度な技術を要するものではない。規模の経済を実現した日本、米国、ドイツが生産に有利であるだけである。

韓国は最も安い日本から輸入していただけ。日本が輸出を停止するなら、高めの米国、ドイツで対応するだけ。国内生産も可能である。 結局、日本のメーカーが売り先がなくなって痛手を受けるだけ。

twitterより

と現段階での反応は、以前とあまり変わらず「やってみろ」感が強くみられましたね。

中には影響を懸念する声もありましたが、どちらかと言うと少数に見えました。(私が翻訳した範囲でですが)

ちなみにフッ化水素輸出管理に対する国内の反応はこちら

フッ化水素禁輸ってわけじゃないんだねこれ、手ぬるい制裁だ 韓国もWTOに提訴したり対抗してくるわな


ところでフッ化水素の話、してはいたけどマジでやるとは思ってなかった。 日本は戦略資源を止められる苦しみを知っているからこそ、この決断の意思の重さというか対立する覚悟がありありと見える。


因みにフッ化水素は核開発やサリンに必要らしいので、募集工(所謂徴用工)などへの対応という面よりも、北朝鮮の背取りなども含めた対応と考えるべきと思う。韓国経由でいっているということか。


フッ化水素の輸出規制もそうやけど外為法のホワイト国から除外って地味に見えてくっそやばそう

twitterより

国内の反応も

「いいぞもっとやれ」

といった意見が多いようですね。

ただこの輸出管理で多少なりとも被害を受ける日本企業があるのは忘れてはならないですね。(現在フッ化水素を輸出している企業等)

個人的には小出しにして泥沼化するより、一気に攻め立てて相手に本気度合いを見せつけ、傷が浅いうちに相手に降参させる方がいい気がしますが、その辺は外交のプロに任せましょう。

今後どのような制裁が追加されるか分かりませんが、慎重に見守っていきたいと思います。

フッ化水素輸出管理に対する最新の韓国国内での動き

韓国国内での反応は、あまり慌てふためくと言った内容ではなく、未だに「望むところだ」と言った内容が多くみられます。

その根拠となるようなニュースがあったので翻訳してみました。

少々長いですが……

2日、業界によると、国内(韓国)の半導体及び素材産業は、日本でフッ化水素(フッ酸)の輸出が中断される可能性に備え、対策を用意したことが分かった。 今回の事案に精通し、業界関係者は「日本政府が韓国との外交関係の悪化で、昨年からフッ化水素供給中断の可能性を言及し、国内の大企業は、他の需給経路を確保したと聞いている」とし「日本での輸出停止を考慮して、台湾でフッ化水素を供給受けることにした状況」と伝えた。


フッ化水素は、半導体製造工程に使われる重要な材料である。金や白金を除く金属のほとんどを溶かすほど腐食性が強く、シリコンウエハの不純物除去に活用される。フッ化水素の不足はすぐに、半導体製造に支障につながるしかない。日本政府は、これを狙って1日輸出規制対象品目に乗せた。 政府レベルでも中長期対策を用意していることが確認された。一部の素材は、国内に工場を建設するプロジェクトも進められている。 青瓦台の関係者は、「日本の輸出規制に関連して、昨年から準備をしてきた」とし「もう少し時間がかかるだろうが、いくつかの項目は国産化のために工場まで建設しているものもある」と述べた。


日本経済産業省は、4日からフッ化水素を含むフォトレジスト、フッ化ポリイミドの対韓国輸出と製造技術移転について包括輸出許可制度の対象から除外しました。従来は許可申請免除などの優遇措置を取ったが、今後は輸出時件ごとに審査するというものである。 韓国経済に占める比重が高い半導体とディスプレイの生産に支障をきたすことができる日本素材輸出を制御、我々の政府を圧迫するという意図だ。フォトレジストとフッ化水素は、主に半導体製造に使われる素材と、フッ化ポリイミドは、有機発光ダイオード(OLED)・液晶表示装置(LCD)などのディスプレイに活用される。 しかし、国内の業界がどの程度の対策を用意したことで知られ、日本政府の韓国代表産業締めつけ規制がどの面に流れていくのか注目される。半導体生産萎縮や遅延などの問題が最小化された場合、世界貿易機関(WTO)に提訴など、日本との交渉過程で韓国政府と産業界が持ちこたえることができる時間と体力を確保することができるようになる。


WTO提訴と関連韓国が有利である診断も出た。 政府関係者は、「WTO提訴の手続きに入ると、韓国に有利だ」とし「日本が多くの国を対象とするのではなく、特定の国、すなわち韓国だけ目指している批判を受けるしかない」と話した。 カギはフォトレジストである。フォトレジストは、日本信越、JSR、住友化学などが供給している中で、当面は国産化や代替が困難な状況というのは専門家たちの大半の意見だ。フッ化ポリイミドは、OLEDなどのディスプレイに使われますが、一部の国産化がされている状況である。 産業通商資源部も1日、日本の輸出規制などの可能なシナリオに備え、業界との共同技術開発を通じた半導体素材の国産化などを推進してきたと述べた。 国内の産業界は、代替材の確保とは別に生産に支障がないように、日本の素材の確保にも速度を出している。日本政府がすぐに輸出中断ではなく、許可審査を強化すると明らかにしただけに必要な量を確保するためにあらかじめ輸出申請を奨励し、在庫積みに集中している。


日本の経済報復を契機に、半導体・ディスプレイ材料の国産化に速度を必要という声も大きくなった。 半導体メーカーの関係者は、「機器と材料を含む半導体の生態系が重要な理由が再び確認された」とし「大企業だけに関心を注ぐのではなく素材中小企業育成のための対策を立てなければならない」と述べた。

https://news.v.daum.net/v/20190702143507109

要約すると

  • フッ化水素については当面台湾からの輸入の目途が立っている。
  • 国内でも生産を出来るように既にプロジェクトが進行中

とこう言った内容でしょうか。

このニュースがすべて本当ならば、日本の独り相撲になりかねませんが、政府としてはどう対応するつもりなのでしょうか。

自身の優位性に胡坐をかいて、「やるぞ、やるぞ」と脅しをかけ続けた結果、相手に万全の準備をする時間を与えていたのでは、笑い話にもなりません。

問題の本質を見極めた、更なる制裁等を考慮する必要があるのではと思います。

とは言っても小出しにして泥沼化させるような馬鹿な真似だけは避けてほしいですね。

やるなら一気に畳み掛ける。相手に息つく暇も与えない。そういった覚悟で頼みます。

遅きに失すると言う事が無いよう願います。

↓関連記事↓
韓国徴用工問題とは?現金化でどうなる?制裁など含めわかりやすくまとめてみた

ウォン安とは?なぜ問題なのか?韓国や日本に与える影響とは?分かりやすく解説してみた

日韓請求権協定や対日要綱8項のは原文は見られる?日本の根拠を拡散!

韓国をホワイト国に指定している国はどこ?ホワイト国除外の影響と韓国の反応を調査

フッ化水素輸出規制の影響は?値上がりする商品を予想!