NO IMAGE

イエティの足跡(インド軍発見)は本物?身長はどれくらい?考察してみた!

こんにちは、椎木です。

インド軍がネパールの山岳地帯奥地で発見した足跡が、伝説の「イエティ」の物ではないかと話題になっています。(私の中で)

今回はその足跡の大きさなどから、「イエティ」の身長や、本物なのかを検証してみました。

イエティとは?

そもそもイエティというものはなんでしょうか。

イエティ (yeti) は、ヒマラヤ山脈に住むといわれているUMA(未確認動物)である。全身が毛に覆われ、直立歩行するとされる。イエティには3種類いるとされ、ズーティ、ミィティ、イエティでありこの3種は家族だともいわれている。シェルパの祭りではマハーカーラの使いとして人々に罰を与える眷属とされ、「噂をするとやってくる」と恐れられている

wikiより

とまあ、ヒマラヤの雪男と言った具合でしょうか。

今回のイエティの足跡の写真は?

今回イエティの写真を撮ったのはこちらの部隊の方々。

32インチの足型と言う事なので、約81㎝の大きさです。

かなり大きな足跡になりますから、イエティだと思っても仕方がないでしょう。

足跡からわかるイエティの身長は?

足跡の大きさから身長を推定

足跡の大きさが81㎝と言う事なので、ある程度の身長は予想できそうです。

一般に私達人であれば、足の大きさは身長の1/6.7と言われています。

つまり足の大きさに6.7をかければ身長が出てくるという事ですね。

ちなみに足の大きさが26㎝ならば、

26×6.7=174.2

少々平均身長より大きい気がしますが、大体目安としては期待できそうです。

早速今回のイエティの足のサイズから身長を割り出すと……

81×6.7=542.7

どうやら5mを超える大男と言う事になりそうですね。

歩幅から身長を推定

別の角度からも検証してみましょう。

先程は足の大きさからでしたが、今度は歩幅から推定してみます。

二足歩行と言う事なので、人間と同じ歩幅と身長の関係の式で身長を推定してみます。

まず、液晶に定規を当ててみると、足跡の大きさは平均で1.3㎝。

次に歩幅の広さは平均で3.4㎝と言う事が分かります。

1.3:3.4=81:X

1.3X=275.4

X=211.8

歩幅は大体212㎝と言う事が分かりました。

次に歩幅と身長の関係ですが、我々人間では身長×0.45が歩幅と言われています。(個人差があるので大体です)

それではさっそく。

212÷0.45=471.11

と言う事で、歩幅から算出した身長は4.7mと言う事になりそうです。

予想される身長は?

足のサイズと、歩幅での検証の数値が違ったので、ちょうど間を取る事にしましょう。

約5.5mと約4.7mの間を取って、約5.1m。

今回の見つかった足跡の主の身長はどうやら5.1mと言う事になりそうです。

この足跡について、熊との見解も出ているようですが、5mを超える熊がいるのでしょうか。

この足跡は本物?

流石に写真だけでは分かりません。

ただ、ネットではねつ造だと批判が相次いでいるようで、特に科学者からは、熊の足跡が、何かの拍子に伸びたものだとの指摘が相次いでいるようです。

夢のない奴らめ、そんなに都合よく全部の足跡が伸びる方かよ!と言いたいのは山々ですが、一つだけ気になるところが。

足跡はなぜ綺麗に一列なのでしょうか。

二足歩行だとは言え、綱渡りをしているわけではないのですから、足跡は左右に二列になるのが自然では?とも思います。

ただ、ネパールのこんな雪深い山奥で、軍隊が一生懸命足跡をねつ造したのだとしたら、平和だなあ。という感想ですね。

まとめ

今回は発見されたイエティの足跡から予想される身長を割り出してみました。

本物ならかなり大柄な二足歩行生物となるので、いるのなら是非見てみたいですね。

……勿論液晶越しにですが。

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。ではまた次のニュースで。